陸マイラーのパスワード管理ソフトLastpassの改悪後はBitwardenがおすすめ

こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまった、「もと(@MomoRock2017)」です。

ポイントサイト活動だけでなく、世の中のWEBサイトの会員登録をする際のIDやパスワードって結構悩みますよね。

覚えるのが面倒だからといって全部同じパスワードにしていると、どこかのサイトでパスワードが漏れると、同じパスワードのサイトが危険にさらされます。

ポイントサイトだけでなく陸マイラー活動の中でどんどん増えるFX・クレジットカード・証券会社などのサイトの会員になることでいつの間にやら300以上のサイトの会員になっていました。

本記事では、無料で300以上のパスワードを複数端末で管理する方法をご紹介します。

私と同じ方法を取ることで、無料で多数のサイトのID・パスワードを簡単に管理できるようになります。

ID・パスワード管理におすすめのソフトウェア

無料で大量のサイトのID・パスワードを管理するには「Bitwarden」が無料でブラウザ・iOS・Androidのマルチデバイスに対応していておすすめです。

何故パスワードを使い回すと危険なのか

私自身、300以上のサイトの会員になっているので同じIDパスワードでログインできたらどれだけ楽かと思います。

ただ、最近月に1回位はある企業の情報漏えいがニュースになっていますよね。

陸マイラーであれば、ANAもしくはJALのステータス会員であることも多いと思います。

今回漏洩したのは「アルファベットの名前」「会員番号」「ステイタス」の3点なので、直接的な被害はなさそうですがこのようなことが日常茶飯事です。

ANAから来た情報漏えいの報告メール(一部抜粋)

今回は、大した情報ではありませんでしたが漏れたのがクレジットカード情報やID・パスワードだったら大問題です。

そのため、IDやパスワードは同じ物を使い回さないというのが情報漏えい対策として必須なのです。

パスワードを使い回さない方法はパスワード管理ソフトを使用すること

パスワードの種類が数個であれば覚えることもできるかもしれませんが、最近の世の中何かに付けて会員登録を促すサイトばかりです。

いつの間にか私も300を超えるサイトの会員になっているようです・・・

とてもじゃないですが、覚えきれません。

そこで便利なのがソフト内でID・パスワードの登録ができるパスワード管理ソフトです。

パスワード管理ソフトに最低限欲しい機能
  • ログイン情報、クレジットカードの登録
  • パスワードのランダム作成
  • 通信の暗号化
  • 複数端末利用可能
  • できれば無料

「ログイン情報、クレジットカード登録」「通信の暗号化」はほぼすべてのパスワード管理ソフトで対応しています。

意外と複数端末利用可能で無料というパスワード管理ソフトは少ないです。

今まではLastpassがそれだったのですが、最近動作が遅かったことに加えてデバイス制限(PCかもスマートフォン)がかかることになりました。

そのため、今回ご紹介するBitwardenを使うことにしました。

Bitwardenがおすすめな理由

Bitwardenは、パスワード管理ソフトにほしい機能がしっかりと網羅されています。

パスワード管理ソフトに最低限欲しい機能
  • ログイン情報、クレジットカードの登録
  • パスワードのランダム作成
  • 通信の暗号化
  • 複数端末利用可能
  • データ移行が簡単

これだけの機能がありながら無料で使うことができるのは素晴らしいですね。

ログイン情報、クレジットカードの登録

これができないパスワード管理ソフトはありません。

BitwardenのUIは非常にシンプルで分かりやすいですね。

左側でタイプ・フォルダ、右側にサイトごとの情報と別れているので、フォルダをきれいに整理するとすごく使いやすくなります。

Bitwarden基本画面
Bitwardenパスワード生成

パスワードのランダム生成

パスワードは昔は6桁で良いという時代もあったのですが、いまや最低8桁が必要になってきています。

それだけでなく、英字(大文字・小文字)・数字・記号を組み合わせる必要があったりしますよね。

もう自分で作るのは無理なので、Bitwardenにあるパスワード生成ツールを使ってサクッと作ってしまいましょう。

もと
もと

たまにIDも8桁以上の英数記号が指定されているWEBサイトもあるのでその時はこれを使うと良いです。

Bitwardenパスワード生成
Bitwardenパスワード生成

Bitwardenはセキュリティ対策済のパスワード管理ソフト

Bitwardenはソフト内で複数のIDとパスワードをセキュアに管理することができるソフトウェアです。

今までは1Password→Lastpassを使用してきていたのですが、有料化や端末制限という改悪に飲まれて「Bitwarden」に行き着きました。

Bitwarden は端末間で同期できる、暗号化された保管庫にログイン情報を保管します。端末から送信される前に暗号化されるので、あなただけがそのデータにアクセスできるのです。Bitwarden の開発者チームですら、あなたに頼まれたとしてもデータを読み取ることはできません。データは AES-256 bit 暗号化、ソルト化ハッシュ、PBKDF2 SHA-256 で保護されます。

https://chrome.google.com/webstore/detail/bitwarden-free-password-m/nngceckbapebfimnlniiiahkandclblb?hl=ja

専門的な言葉が多いですが、以下の図のようにセキュリティをかけているので安全であると書かれています。

通信暗号化イメージ
通信暗号化イメージ

暗号化されていない通信が普通の道路だとすると、暗号化されている通信はトンネル内の道路みたいなイメージです。

もと
もと

通信経路上で盗まれる心配が無いので安心ですね

複数端末利用可能

これは、すごく重要です。

今回LastpassをやめてBitwardenにソフトウェアを変えた最大の理由はこれですからね。

もと
もと

Lastpassはパソコンかそれ以外(スマホ・タブレット)かの2択になってしまうのです・・・

パスワード管理ソフトを使用する目的は、色々な端末でログインする時にいちいちパスワードを探さなくても良い点にあります。

パソコンとスマホの2台しかないのに、どちらかでしか使用できないパスワード管理ソフトを使用する意味はありませんね。

私がBitwardenを使用している端末
  • SurfacePro6
  • M1 Macbook Air
  • ThinkCentre M75q-2 Tiny
  • IdeaPad Duet Chromebook
  • iPhone8、XR、12mini
  • iPad Pro11インチ
  • iPad mini4、5
  • Rakuten Mini

普通の人はこんなに持っていないはず・・・

Bitwardenにデータを移行する方法

300以上のIDとパスワードがあるとデータを移すのも一苦労です。

様々なパスワード管理ソフトがありますが、多くのパスワード管理ソフトにはcsvをエクスポートする機能があります。

この機能を使って、必要な情報をダウンロードしBitwardenの管理画面でインポートすることで簡単にデータを移行することができます。

Bitwardenインポート
Bitwardenインポート画面

まとめ

今回はLastpassの端末制限をきっかけに、Bitwardenに移行しましたがそろそろ無料で運用するのが限界になってきているような気がします。

とはいえ、無料で十分な機能があるのにあえて有料のソフトを利用する必要もないので、しばらくBitwardenを使い倒そうと思います。

以上「陸マイラーのパスワード管理ソフトLastpassの改悪後はBitwardenがおすすめ」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です