SDカードのデータが0KBになる問題をEaseUS Data Recovery Wizard Proが解決してくれた

こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまった、「もと(@MomoRock2017)」です。

2018年5月にに娘が生まれてから約2年4ヶ月、今日まで写真を撮りまくってきました。

カメラ自体はこんな感じで変わってきています。

  1. RX100Ⅲ
  2. α6400
  3. α6600
  4. (予定)α7c

見る人がみると順調に沼にハマっているようにみえるんだろうなぁと思います。

そんなこんなで娘を中心に家族の撮った家族の写真は105,150枚、動画データが832GBでした。

今回は、宮崎旅行で撮影した写真データが何故かPC・iPad・デジカメで認識できなくなったので、復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizard proを使用して復元したので、その方法をご紹介します。

ちなみに、復元ソフトを使用するのは最終手段なので基本的にはバックアップを複数の手段で取ることは必須です。

データは消えることがある

データはかさばらず、探しやすく、持ち運びしやすいということでしばしば写真よりも便利だと言われますが、データは消えてしまうことがあります。

私の持っているα6600のソニーのαシリーズですが、αシリーズのシステムとSDカードシェアNo.1のSandiskのSDカードの相性が悪くデータが消えるという事象が発生していました。

原因が分かったのは2020年7月8日ですが症状が出始めたのは2020年4月中旬・・・

実に3ヶ月位データが消失する恐怖の中、子供の撮影をしていました。

幸いなことに緊急事態宣言中だったため、旅行等に行っていなかったため手元のRX100Ⅲと併用することで何とか対応していました。

Momo-rock

大事な写真が消えるかも知れない恐怖の中写真を撮影するのは神経を使いました・・・

データが消える要因

データが消える理由は大きく分けると3つの理由が考えられます。

人的要因

私自身の仕事やブログを書く中で、誤ってデータを消してしまったり、上書き保存して絶望したりということが何度もあります。

こればっかりは、バックアップをこまめに取り注意するしか対策のしようがありません・・・

論理障害

比較的軽度な物が多く復元ソフトを使用することでデータ復元が可能なことが多いです。

主な論理障害にカテゴリーされる事象
  • ごみ箱からのデータ削除、HDDやSDカードをフォーマット
  • データ保存時にソフトウェアエラーで保存できなかった
  • ソフトウェアのバグ(相性)

他にも色々ありますが、上記3点が多いと思います。私の今回の0KB問題は3つ目の「ソフトウェアのバグ」が原因です。

物理障害

物理障害は、症状が重く専門の業者でないと復元は難しいです。

主な物理障害にカテゴリーされる事象
  • HDDの故障
  • HDDを認識しない
  • 水没・落下などによる物理的破損

これらのケースにおいては、分解やパーツ交換が必要なので値段は高く付きますが、データ復元業者に問い合わせたほうが良いと思います。

データを復元させるには?

こういったデータを復元させる方法は大きく分けて2つあります。

  1. データ復元業者に依頼する
  2. データ復元ソフトを利用する

データ復元業者に依頼する

データ復元業者に頼むとデータ量にもよりますが、Googleで検索すると1回あたり数万円~十万円以上かかることも多いようです。

また、郵送もしくは店頭に持っていき診断を受けて見積もりの金額を聞くことになるので時間がかかります。

データの復元の難易度によって価格の違うところもありますが、難易度なんて私達には全くわからないので、高い金額を請求されても素直に受け入れてしまうと思います。

Momo-rock

大事な子供の写真データが10万円で復元できると言われたら払っちゃいますよね・・・
データ復元業者のデメリット
  • かかる費用が診断を受けるまで分からない
  • 診断を受けるためにはデータの入った媒体を郵送もしくは店頭に持ち込む必要がある
  • 金額の妥当性はまったく分からない
注意
物理障害の場合は業者に依頼しないと復元はほぼできません。

データ復元ソフトを利用する

データ復元ソフトは、論理障害であった場合に限りますが比較的安価(ソフトウェア代金の1万円~2万円程度)でほぼ全てのデータを復元することができます。

先程ご紹介しましたが、論理障害は比較的軽度の障害なので復元自体は容易なのです。

そういった容易に復元可能な作業をわざわざ高い復元業者に依頼する必要はないのではないですよね。

データ復元ソフトのデメリット
  • 物理障害には効果がない
  • 無償版は復元できる容量が少ないため、実用的ではない(当然ですが)
  • windows版とmac版だとmac版は少し価格が高い
POINT
論理障害であればほぼ復元できるので、無償版をダウンロードしてためすのもありです

EaseUS Data Recovery Wizard Proをすすめる理由

データの復元作業は何回でもできる訳ではありません。

何度も復元作業をすることで、データが上書きされどんどん復元が困難になってしまいます。

陸マイラーとして、怪しいと言われ続けていたポイントサイトを利用し着々とマイルを積み重ねた経験から商品を選ぶコツはこの3点につきると思います。

商品を選ぶ3つのコツ
  • 会社が信用できるか(会社概要などで確認)
  • 手順が簡単かどうか(難しいとめんどくさくなります)
  • サポートがしっかりとしているか

会社が信用できるか

企業サイトにいき会社の概要を確認するだけです。

  • 会社名:EaseUS Data Recovery Wizard
  • 住所:中国四川省成都市高新区天益街38号理想センター12階
  • 設立:平成16年8月
  • 資本金:1,000万円
  • 従業員:150人

中国の会社なのであまり私達には馴染みがないですが設立も古く、資本金も1,000万円ありますので十分普通の会社だと思います。

また今回の EaseUS Data Recovery Wizard proですが、2005年11月にwindows版を公開して以降改良を重ねてきたソフトウェアのようです。

POINT
ソフトウェアは実績の蓄積が圧倒的に重要です。

操作手順が簡単かどうか

こちらについては詳細を後述しますが、 EaseUS Data Recovery Wizard pro では以下の3ステップでデータの復元が可能です。

復元したいデータのある場所を選択

私のようにSDカードのデータであればPCに接続してSDカードを選択します。

デバイスをスキャンし待つ

HDDやSSD・SDカードの容量によってスキャン時間は異なります。(大容量ほど時間がかかります)

復元したいデータを選択し、保存先を指定して保存する

プレビュー機能もあるので、必要なデータだけを選択して復元することもできます。

この手順でデータが復元できるのであれば、万が一の時でも焦らずすぐにできますね。

サポートがしっかりしているか

いくら手順が簡単といっても分からなくなることがあるかもしれません。

EaseUS Data Recovery Wizard proではメールとオンラインチャットで質問を受け付けてくれます。

オンラインチャット

英語限定ですが24時間365日対応してくれます。

英語はハードルが高いかなと思う方でも簡単な質問であればGoogle翻訳を使ってコピペしても良いかも知れません。

メールサポート

こちらは日本語での問い合わせに対応しています。

ただし、日本語での対応を希望する場合は件名に【日本語対応希望】を明記する必要があり平日の10時~19時に対応してくれます。

EaseUS Data Recovery Wizard Proを使用してみる

データ復元ソフトの無償版はEaseUS Data Recovery Wizardに限らず、実際の使用には耐えられません。

容量制限があったりまでやプレビュー確認までといったものばかりです。

そんな中でもEaseUS Data Recovery Wizardは2GBまでは復元できます。

実際のデータが2GB以下というのは写真だとほぼありえないので、論理障害なのかどうか見るだけでも試してみると良いと思います。

無償版有償版(Pro)
復元データ容量2GBまで制限なし
削除・フォーマットしたデータ復元
パーティションからファイルを復元
年中無休テクニカルサポート×
期間中に無料アップグレード×
1PC用のライセンス×
EaseUS Data Recovery Wizard無償版・有償版の違い

実際に使用してみる

今回は、旅行で撮影した写真データを復元してみます。

私のカメラのα6600はRAWデータとjpegデータをダブルで保存していたのですが、どちらも0kbになってしまいました・・・

この0kbはほぼ論理障害なので、今回使用しているEaseUS Data Recovery Wizard proで多分殆ど復元できました。

まずはSDカードを読み込みます

SDカードデータ
SDカードデータでは0kb…

ご覧の通り、0KBのRAWデータとjpegデータが並びます・・・

認識したので、次はソフトを起動します。

EaseUS Data Recovery Wizard Proを起動

EaseUS Data Recoveryトップ画面
EaseUS Data Recoveryトップ画面

今回はSDカードのデータ復元なので、ローカルディスクを選択していますが、ゴミ箱削除復元や壊れてしまったワードやエクセル復元も可能です。

復元したい場所をスキャン

EaseUS Data Recoveryスキャン
EaseUS Data Recoveryスキャン

データの容量が大きい(最大値)ほどスキャンに時間がかかります。今回の場合128GBのSDカードで約20分スキャンするのにかかりました。

スキャン終了後写真データの復元作業

EaseUS Data Recoveryリカバリー
EaseUS Data Recoveryリカバリー

左側の紛失ファイルに写真のデータがあったので、これを復元します。

PCで認識した時には0KBでしたが、EaseUS Data Recovery Wizard proでスキャンするとデータ容量が見えるので、期待大ですね。

リカバリー作業

EaseUS Data Recoveryリカバリー進捗
EaseUS Data Recoveryリカバリー進捗

復元したい写真を選択したらリカバリーをします。

Momo-rock

今気が付きましたが、ファイル名称は元のものと違っちゃうんですね・・・

復元後のデータ確認

EaseUS Data Recovery復元後
EaseUS Data Recovery復元後

今回は、700枚中658枚のデータが0KBになっていたので、復元しましたが658枚中642枚(復元率97.5%)が元の容量に復元されました。

残りの16枚はデータが通常のjpegよりもかなり少ない数百KBしかないので、おそらくサムネイルで復元されたと思われます。

Momo-rock

流石に画像が荒いですが、復元できないよりはましです。

まとめ

写真データについては、重要なので人並み以上にバックアップ体制を構築していましたが、撮影した時点のデータはどうしても無防備に近いです。

Momo-rock

今回も1日分ずつデータをバックアップするために作業していたら0KBになってました・・・

バックアップがあるから大丈夫という話でもなく、万が一の際に備えてデータ復元ソフトは手持ちのPCにインストールしておいた方が良いと思います。

今回使用した、EaseUS Data Recovery Wizard Proは操作も分かりやすかったので私のように初めて使用するデータ復元ソフトには良いと思います。

以上「SDカードのデータが0KBになる問題をEaseUS Data Recovery Wizard Proが解決してくれた」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です