届いたばかりのSONY α7cと万能ズームTAMRON28-200mmF2.8-5.6作例レビューin沖縄

こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまった、「もと(@MomoRock2017)」です。

待ちに待ったフルサイズ機・・・α7cが無事2020年10月23日に手元に来ました!

もともとフルサイズにしたかったのですが、我が家では妻も使いたいということで従来の重いフルサイズ機は購入することができなかったのですが、SONYのα7cはAPS-C機のα6600とほぼ同じ重さでありながら、フルサイズ機という素晴らしいカメラでした。

とは言ってもフルサイズ機+レンズだと1kg位になるので、2年位かけて徐々に重くしていったのは秘密です。

  1. α6400+SELP1650(519g)
  2. α6400+SEL18105G(830g)
  3. α6600+SEL1655G(997g)
  4. α7c+TAMRON28-200mm(1084g)

さて、本日は沖縄旅行の前日に届いたα7cと万能ズームTAMRON28-200mmを持って写真を撮影してきましたのでご紹介します。

Momo-rock

デジタルカメラグランプリ2021において
28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDが「総合金賞」を受賞しました。

POINT
全てのデータは非圧縮RAW(約40MB)をLightroomで自動補正をかけたものです

フルサイズ機SONY α7c×TAMRON28-200mm作例レビューin沖縄

小さな子連れ旅行は何かと荷物が多くなり、極力自分の荷物は減らしたいものです。

そんな中、今回持っていったTAMRON28-200mmは広角~望遠までレンズ一本で対応できるので子連れ旅行には持ってこいのレンズですね。

注意
日中や自然光の入る室内は問題ないですが、暗所・夜間はちょっと厳しめでした。

軽量かつ万能ズームは子連れ旅行にはベストかも

子連れでレンズを都度交換することは難しく、基本的にはつけっぱなしで写真んを撮ることになります。

その際どのレンズをつけるか悩みどころですね。

私はF値信者なので、迷うことなくGMレンズかTAMRON28-75mmを購入するつもりでした。

しかし、今まで使用していたα6600+SEL1655G(フルサイズ換算24-82.5mm)だと望遠側が足りなかったので、今回はSEL24105GTAMRON28-200mmの2択でした。

TAMRON28-200mmの方がF2.8始まりなので、広角域が明るく撮れるだろうという思惑でTAMRON28-200mmを購入しました。

Momo-rock

暗所・夜は残念でしたが、満足のいくレンズでした

α7c×TAMRON28-200mmの作例

朝のANAラウンジ内からガラス越しに撮影した飛行機です。

ブログ用にリサイズしているので伝わりにくいのが残念ですが、拡大してもしっかりと撮影できていました。

羽田空港に止まる飛行機
羽田空港に止まる飛行機

機内から富士山を撮影してみました。もう冠雪しているんですね・・・

飛行機の窓越しなので、流石にちょっと荒い感じがしますが雰囲気は十分です。

飛行機からの富士山
飛行機からの富士山

何のキャラか分かりませんが、朝空港でハッピーセットを購入した際にもらったおもちゃを機内で撮影。

目の部分を拡大すると、瞳に写っているものもしっかりと見ることができました。

機内でマクドナルドのハッピーセットのおもちゃ
機内でマクドナルドのハッピーセットのおもちゃ

沖縄に行ったら必ず行く沖縄そばのお店しむじょうの店の外です。

このお店は文化財になっている建物で食事をすることができるので、写真映えしますね。

沖縄らしい緑緑した庭がしっかりと撮れています。

しむじょうの店外庭
しむじょうの店外庭

α6600+SEL1655Gだとここまできれいに撮れなかったと思います。

元データだと羽の筋までしっかりと撮れていました。

葉っぱにとまる蝶
葉っぱにとまる蝶

今回は最上階の部屋に宿泊することができました。

沖縄の海は本当にきれいですね・・・奥に見えるのは最近できた星のや沖縄です。

妻のお気に入りのホテル日航アリビラのフロントロビーです。

人がいない夜に撮りましたが、このくらいの明かりがあると問題なく撮影できますね。

ホテル日航アリビラフロントロビー
ホテル日航アリビラフロントロビー

室内プールは薄暗いので、ちょっとノイズが目立ちます・・・

ホテル日航アリビラ室内プール
ホテル日航アリビラ室内プール

中庭はハロウィンシーズンなので、ハロウィンの装飾がされていました。

周りの明かりのおかげでそこまでノイズは目立たないですね。

ホテル日航アリビラ中庭
ホテル日航アリビラ中庭
ハロウィンのかぼちゃ
ホテル日航アリビラガーデンプール

この写真は200mmで撮影したのですが、明るい日中だとここまできれいに撮影できますね。

ガジュマルの木
ガジュマルの木

この綺麗な海を見ながら、仕事を忘れてのんびりしたい・・・

ホテル日航アリビラのビーチ
ホテル日航アリビラのビーチ

逆光はα6600+SEL1655Gよりも耐性が強いです。

適当にオート撮影してもこれくらいの写真は撮影できました。

ホテル日航アリビラビーチ
ホテル日航アリビラビーチ

こんな雰囲気を切り取れるα7c×TAMRON28-200mmはすごい。

ホテル日航アリビラビーチ
ホテル日航アリビラビーチ

気温は24度ありましたが、太陽が陰ると10月末のプールは冷たく誰も入っていませんでした。

ハレクラニ沖縄オーキッドプール

ブログ用写真だと分かりませんが、しべと雌しべまでしっかりと撮れています。

ハイビスカス?
ハイビスカス?

このボケ感はフルサイズ機ならではですね。

妻は雰囲気が撮りたいようで、ここまでのボケはいらないようです・・・

雑誌の付録のジェラートピケのパンダ
雑誌の付録のジェラートピケのパンダ

ビーチを歩いていたら飛行機が飛んできました。

高画素機ではないので、ピントは合っていたはずなのですが若干滲んだ感じです。

飛行機
飛行機

夕暮れ時になると、ちょっとオート撮影だと厳しくなってきました・・・

バルコニーからオーキッドプール

夜になると、周辺がちょっと荒くなってきたように感じます・・・

ハレクラニ沖縄外観
ハレクラニ沖縄外観

まとめ

初めてのフルサイズ機のα7cTAMRON28-200mmの組み合わせで沖縄旅行に行ってきましたが、完璧ではないものの満足の行く組み合わせだったと思います。

子連れでレンズの交換が難しい中では100点の性能だと思います。

欲を言うと夜景や夜ポートレートを撮影するために明るい単焦点かTAMRON28-75やGMレンズを次回は購入して旅行に行きたいと感じましたが・・・

以上「届いたばかりのSONY α7cと万能ズームTAMRON28-200mmF2.8-5.6作例レビューin沖縄」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です