ステイタスの証|SuperFlyersCard(スーパーフライヤーズカード)とは

ステイタスの証|SuperFlyersCard(スーパーフライヤーズカード)とは


こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまったMomo-rock(@MomoRock2017)です

私が普段出張や旅行で利用するのはスターアライアンスの運航便ばかり利用しています。

私は2017年にSFC修行を行った結果、ANAのプラチナステータスを獲得し、そのままSuperFlyersCard(SFC)の会員になったからです。

本記事は、SuperFlyersCard(SFC)とは何かという点についてご紹介です。

SFC会員とは?

SFC会員は正式にはSuperFlyersCard(SFC)というクレジットカードの会員です。

このSFCを発行するためには、ANAのプラチナステイタス以上になる必要があります。

ANAステイタス

このプラチナステイタスになるためには、残念ながらANAのマイルのように陸マイラー的な裏技は無く純粋にANAもしくはスターアライアンス運航便にひたすら搭乗するしか獲得する方法はありません。

Momo-rock

SFC会員になるためにひたすらプラチナステイタスになるべく飛行機に搭乗するのでSFC修行というのです

実際にSFC会員になったあと感じたSFC会員のメリット5選

メリット

SFC会員になることで得られるメリットは全部で23個あります。

この中で実際に国内・海外に旅行した際に良かったと感じたメリットをご紹介します。

SFC会員のメリット
  1. プレミアムメンバー専用サービスデスク
  2. 航空会社ラウンジ利用
  3. 座席クラスのアップグレード
  4. プレミアムエコノミーへの無償アップグレード
  5. 国内線先行予約
  6. 国内線座席指定の優先
  7. ご予約時の空席待ち優先
  8. 国内線特典航空券・いっしょにマイル割の先行予約
  9. 国際線特典航空券アップグレード特典の優先
  10. 優先チェックインカウンター
  11. 手荷物受取の優先
  12. 手荷物許容量のご優待
  13. 専用保安検査所利用可能
  14. 優先搭乗
  15. 空港での空席待ち優先
  16. マイカーバレー優待(成田)
  17. 羽田空港駐車場の優先予約
  18. 香港国際空港の優先レーン
  19. アップグレードポイント
  20. フライトボーナスマイル
  21. マイルからANAスカイコインへの交換レート優遇
  22. アップグレードポイントからANAスカイコインへの交換
  23. IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでのご優待

No.1|プレミアムメンバー専用サービスデスク

ANAのWEBサイトは親切に作られているので、基本的にはWEBだけで特典航空券の予約はできると思います。

ただし、往復航空券ではなく行きと帰りの空港が違うパターンや家族分も合わせて発券するといったイレギュラーな方法での発券についてはサービスデスクに問い合わせても良いです

専用の番号なので、一般会員よりも電話は繋がりやすいです。赤ちゃん連れだとバシネット席が長時間フライトの場合おすすめですが、この席はWEB予約ができないので、電話で席を確保する必要があるのでそういう場合も重宝します。

バシネット席

Momo-rock

ANAは10kg以下の子供がバシネットを利用できますが、航空会社によって制限重量が異なります。

No.2|優先チェックインカウンターの利用

ANA PREMIUM CHECK-IN

GWやお盆・年末年始のような繁忙期のチェックインカウンターは本当に混みます。

チェックインカウンターで数十分待つのは大人でもげんなりします。ましてや子連れの家族で並ぶなんて考えたくもありません。

そういった時に専用のチェックインカウンターが利用できるので、スムーズにチェックインして手荷物を預けたりできます。

Momo-rock

子連れだとおむつや着替えで荷物がかさばるので早くできるのはありがたいですね

No.3|専用保安検査所利用可能

優先チェックインカウンターを利用するとその奥に専用保安検査所があります。

ここはいつ行っても人が通常の保安検査所に比べて人が少なく、旅慣れた人が多いので面倒な保安検査所でかかる時間が大幅に削減されます。

待ち時間が少ないのは子連れ家族にとっては相当助かります。

No.4|航空会社ラウンジ利用

ANAグループの運航便かスターアライアンスの運航便(ユナイテッド航空など)に搭乗する場合航空券の券種問わず(パッケージツアーでも格安チケットでも可)、空港内のANAラウンジ(ANA Suite Loungeは利用不可)が利用可能です。

また、SFC会員は同時にスターアライアンスのゴールド会員でもあるので国際線においても全世界1,000ヶ所以上の空港にあるスターアライアンス加盟航空会社のラウンジ(=ビジネスクラスラウンジと同等)を無料で利用することができます。

この特典は例えばグアムのようにANAの航路が無くユナイテッド航空を利用せざるを得ない場合に効力を発揮します。

Momo-rock

クレジットカードラウンジとの違いは保安検査所の中にありアルコール類も無料である点です
ANAラウンジビール

また、この航空会社ラウンジですがSFC会員1人につき1名の同行者が利用可能です。

つまり夫婦ふたりならどちらかがSFC会員であれば良く、家族4人だと家族カードを発行するとそれぞれ1名の同行者が利用可能なので4人まで無料で利用できます。

羽田空港国内線のANAラウンジはスター・ウォーズのキッズルームがあり子連れに優しいです。

ANAラウンジキッズルーム

Momo-rock

未就学児はラウンジに入る際に1人としてみなされないようです。

No.5|手荷物受取優先

旅行で自分の荷物がなかなか出てこないという経験をされた事はないでしょうか?

ツアー等で旅行するとホテルまでの送迎があるのであまりメリットはありません。

しかし、陸マイラーは航空券とホテルを別々に手配することが多いので空港からホテルまでは自力で行くことになります。

そういった時、空港で荷物がさくっとピックアップできるとストレスなく旅行が楽しめると思います。

待ち時間が少ないのは子連れ家族にとっては相当助かります。

その他のメリットはやや使いにくい

その他のメリットについては、正規運賃でないと使えないとか車を持っていないと意味がなかったりと若干使いにくいです。

特に、先行予約は陸マイラー活動でマイルがためやすいのもあって中々発券できないので気休めに近い印象です。

まとめ

沸騰ワードでも放送されているので、大分世の中の認知度があがったステイタスの証SuperFlyersCard(SFC)ですが、それぞれの状況でメリットは異なると思います。

ただ、このSFCを持っているだけでスターアライアンス運航便に関しては等しく優遇が受けられるというだけでも保有し続ける価値はあります。

特に、時間・空間・荷物この3点において優遇が受けやすいのは大きなメリットになりますね。

以上「ステイタスの証|SuperFlyersCard(スーパーフライヤーズカード)とは」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です