SFC会員の真のメリットに特典航空券祭りに惨敗して気がついた

何?


こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまったMomo-rock(@MomoRock2017)です。

昨日のANAの新規航路開放に伴う国際線・国内線の特典航空券祭りに参戦しましたが、まったく発券することができませんでした。

私は2017年にSFC修行を行い、現在もSFC会員のため一般会員よりは開放されている座席数が多いはずなのですが・・・(涙)

改めてSFC会員の真のメリットに特典航空券祭りに惨敗して気がついた内容についてご紹介します。

SFC会員のメリットとは

メリット

SFC会員になることで得られるメリットは全部で23個あります。

SFC会員のメリット
  1. プレミアムメンバー専用サービスデスク
  2. 航空会社ラウンジ利用
  3. 座席クラスのアップグレード
  4. プレミアムエコノミーへの無償アップグレード
  5. 国内線先行予約
  6. 国内線座席指定の優先
  7. ご予約時の空席待ち優先
  8. 国内線特典航空券・いっしょにマイル割の先行予約
  9. 国際線特典航空券アップグレード特典の優先
  10. 優先チェックインカウンター
  11. 手荷物受取の優先
  12. 手荷物許容量のご優待
  13. 専用保安検査所利用可能
  14. 優先搭乗
  15. 空港での空席待ち優先
  16. マイカーバレー優待(成田)
  17. 羽田空港駐車場の優先予約
  18. 香港国際空港の優先レーン
  19. アップグレードポイント
  20. フライトボーナスマイル
  21. マイルからANAスカイコインへの交換レート優遇
  22. アップグレードポイントからANAスカイコインへの交換
  23. IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでのご優待

プレミアムメンバー専用サービスデスク

ANAのWEBサイトは親切に作られているので、基本的にはWEBだけで特典航空券の予約はできると思います。

ただし、往復航空券ではなく行きと帰りの空港が違うパターンや家族分も合わせて発券するといったイレギュラーな方法での発券についてはサービスデスクに問い合わせても良いです

航空会社ラウンジ利用

ANAグループの運航便かスターアライアンスの運航便(ユナイテッド航空など)に搭乗する場合航空券の券種問わず(パッケージツアーでも格安チケットでも可)、空港内のANAラウンジ(ANA Suite Loungeは利用不可)が利用可能です。

また、SFC会員は同時にスターアライアンスのゴールド会員でもあるので国際線においても全世界1,000ヶ所以上の空港にあるスターアライアンス加盟航空会社のラウンジ(=ビジネスクラスラウンジと同等)を無料で利用することができます。

この特典は例えばグアムのようにANAの航路が無くユナイテッド航空を利用せざるを得ない場合に効力を発揮します。

Momo-rock

クレジットカードラウンジとの違いは保安検査所の中にありアルコール類も無料である点です

また、この航空会社ラウンジですがSFC会員1人につき1名の同行者が利用可能です。

つまり夫婦ふたりならどちらかがSFC会員であれば良く、家族4人だと家族カードを発行するとそれぞれ1名の同行者が利用可能なので4人まで無料で利用できます。

Momo-rock

未就学児はラウンジに入る際に1人としてみなされないようです。

国内線先行予約

ANAプレミアムメンバー予約スケジュール

ご覧のように一般の会員よりも早く予約を開始できます。

陸マイラー活動でためたマイルを使うのに持ってこいのメリットですね。

優先チェックインカウンターの利用

GWやお盆・年末年始のような繁忙期のチェックインカウンターは本当に混みます。

チェックインカウンターで数十分待つのは大人でもげんなりします。ましてや子連れの家族で並ぶなんて考えたくもありません。

そういった時に専用のチェックインカウンターが利用できるので、スムーズにチェックインして手荷物を預けたりできます。

Momo-rock

子連れだとおむつや着替えで荷物がかさばるので早くできるのはありがたいですね

手荷物受取優先

旅行で自分の荷物がなかなか出てこないという経験をされた事はないでしょうか?

ツアー等で旅行するとホテルまでの送迎があるのであまりメリットはありません。

しかし、陸マイラーは航空券とホテルを別々に手配することが多いので空港からホテルまでは自力で行くことになります。

そういった時、空港で荷物がさくっとピックアップできるとストレスなく旅行が楽しめると思います。

待ち時間が少ないのは子連れ家族にとっては相当助かります。

専用保安検査所利用可能

優先チェックインカウンターを利用するとその奥に専用保安検査所があります。

ここはいつ行っても人が通常の保安検査所に比べて人が少なく、旅慣れた人が多いので面倒な保安検査所でかかる時間が大幅に削減されます。

待ち時間が少ないのは子連れ家族にとっては相当助かります。

特典航空券祭りで空きが無かった3つの理由

なぜ?

まだ、子供が小さいので今回開放される国際線の新規航路は無視し、国内線で9月の4連休にしぼって参戦したのですが結果は惨敗でまったく発券できませんでした。

Momo-rock

正確にいうと夜8時ごろ羽田発とかはありましたが・・・

SFC会員は11時に予約が開始されるのですが、11時になると同時にHPを見ても空席なしのオンパレードでした(笑)

チラホラと空席があるのではなく、完全に空きが無いのには理由がありました。

ダイヤモンド会員が一斉に確保した

4連休のありとあらゆる国内線の航路の空きが1時間半でなくなるのは可能性としてはありますが少し厳しい気がします。

国際線の特典航空券のおまけに国内線を確保されている

国際線の特典航空券を発券するときに行きと帰りに国内線を1区画ずつつけることができます。

Momo-rock

沖縄→羽田→シンガポール→羽田→沖縄のような予約です

この技だと沖縄→羽田は壊滅しますが、羽田→沖縄が壊滅している理由としては薄いですね。

ユナイテッド航空の特典航空券で確保されている

これはANAには何とかしてほしいところなのですが、ANAの特典航空券の開放より早くユナイテッド航空のマイルを利用した特典航空券でANAの国内線の発券ができるのです。

今回の空席が無いのはこの方法が取られている可能性が高いと思いました。

ANAの優先予約のメリットは薄い

正規の方法で少しでも予約できる可能性を上げる方法としては、WEBからの予約ではなく、予約開始前にプレミアムメンバー専用サービスデスクに電話をして発券直前まで進めておくことくらいです。

しかし、ここまで読んでいただければ正規の方法で突撃しても撃沈するのは一目瞭然ですね。

ユナイテッド航空のマイルを使ったとしても同じことをする人が多数いるので結局は争奪戦になることでしょう。

SFC会員の真のメリットとは

真のメリット

冒頭でSFC会員のメリットは23個もあるとご紹介しました。

しかし今回の特典航空券祭りを経て感じたのは、結局のところ子連れ家族に取っての真のメリットは以下の6つだけです。

SFC会員の真のメリット
  1. プレミアムメンバー専用サービスデスク
  2. 航空会社ラウンジ利用
  3. 優先チェックインカウンター
  4. 手荷物受取の優先
  5. 手荷物許容量のご優待
  6. 専用保安検査所利用可能

しかし、子連れ家族にとってはこの6つのメリットしかなくてもSFC会員であることのリターンは大きいです。

Momo-rock

時間が短縮できることと荷物の重量が通常より重くできる事のメリットは想像以上に大きいです

特典航空券は発券できませんでしたが、発券できなかったからこそ真のSFC会員のメリットに気づくことができた気がします。

Momo-rock

負け惜しみじゃないよ!

以上「SFC会員の真のメリットに特典航空券祭りに惨敗して気がついた」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です