ミラーレス一眼カメラを持ち運ぶのに最適なmont-bell「タフランバーバッグM」レビュー

こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまった、「もと(@MomoRock2017)」です。

子供が生まれてから4年が経ちその間に撮った写真の枚数は30万枚を超えました

もと
もと

厳選して30万枚なのでショット数はこの数倍・・・

子供が小さい間はリュックが大容量かつ両手が空くので最強のカバンでしたが、娘も4歳になりちょっとしたお出かけだとの荷物の数もだいぶ少なくなりました。

リュックほど大容量ではないけども、娘のちょっとした物(おやつ・水筒など)が入るカバンかつカメラを持ち運べるものを購入できたのでレビューしたいと思います。

カメラ沼でカメラ用カバンといえば「PeakDesign」ですが、高性能なぶんお値段もお高い・・

かばんにはそこまでお金をかけられないけど、水に弱いカメラを守るための防水はしっかりしていて欲しいそんなわがままな思いを叶えてくれたのはアウトドアブランドの「mont-bell」です。

今回購入したmont-bellのカバンは「タフランバーバッグM」です。

もと
もと

どうやらもう絶版らしくどこを探しても見当たらない店舗かぎりみたいです・・・

本製品に限らずmont-bellの商品は、防水面・強度が良いのでおすすめです。

mont-bell タフランバーバッグM
mont-bellタフランバーバッグMを購入した決め手
  1. 国内アウトドアメーカーmont-bellの安心感
  2. ミラーレス一眼カメラが余裕で入る大容量にしてコンパクト
  3. ポケットが3つあり小物が入れやすい
  4. ナイロン素材で止水ジッパーで防水性能も高い
  5. 3WAY仕様(ウエストポーチ・ショルダー・手提げ)
  6. 価格が7,000円程度とPeakDesignの半額以下

mont-bell「タフランバーバッグM」の外観

mont-bell「タフランバーバッグM」正面

カラーは2種類で私の購入したネイビーとグレーがかったガンメタルのカラー展開です。

生地はナイロン素材なのでツルッとした触感です。

ロゴの下の2本のラインは反射テープになっており、さすがアウトドアブランドだなと感じますね。

mont-bell「タフランバーバッグM」背面

背面はメッシュになったクッションになっていて、身体にフィットしつつも痛くならないように保護してくれます。

mont-bell「タフランバーバッグM」ボディバッグ

ボディバッグのベルト部分はしっかりとした太さで身体にフィットします。

またバックルもあるので、取り外しがしやすくなっています。

mont-bell「タフランバーバッグM」ホルダー付きで便利

地味に便利なのは、長さを調整した後の余ったベルトがクリップでホールドできる点ですね。

ボディバッグでぴったりとつけているのにベルトがだらんとしていたら残念ですからね・・・

mont-bell「タフランバーバッグM」のボディバッグベルトは格納可能

ボディバッグのベルトは先ほどの背面クッションの中にすっぽりと収納できます。

ショルダーとして使用するときはこのように収納することで邪魔になりません。

mont-bell「タフランバーバッグM」ショルダー

ショルダーも長さが調節できるようになっていますが、余ったベルトがだらんと垂れない工夫がされています。

もと
もと

ちょっと残念なのはベルトがやや細い・・・目一杯入れると切れはしないですがちょっと不安になります

mont-bell「タフランバーバッグM」手提げ

バッグの上部にはハンドルがあり、座ったときに移動させる際に便利です。

mont-bell「タフランバーバッグM」の収納力

mont-bell「タフランバーバッグM」ポケットはメイン・サブ・小物入れの3つ

ポケットは大・中・小の3つがあり、そのうち大はマチがついているので大きなものも入れることができます。

mont-bell「タフランバーバッグM」小物入れ

一番外側の小さなポケットには、モバイルバッテリー「CIO smartcoby pro plug」と「Air Pods Pro」とみえないですが、tandard Products by DAISOの小型エコバックを入れています。

mont-bell「タフランバーバッグM」サブポケット

真ん中のサブポケットには、出先でちょっとLightroomCCを使って編集できるようにiPadmini6」と「Apple Pencil」内ポケットの中にはカメラ・充電器関係の小物が入っています。

あと土屋鞄製作所の「ディアリオ ハンディLファスナー」を入れています。

mont-bell「タフランバーバッグM」メインポケット

メインポケットはマチがあるので、フルサイズミラーレス一眼カメラの「α7Ⅱ」と「Tamron28200」とそこの方で見えないですが、「Gopro」「mont-bell トレッキングアンブレラが余裕で入ります。

もと
もと

500mlのペットボトルを入れる余裕もあるよ

mont-bell「タフランバーバッグM」500mlペットは厳しい(笑)

嘘つきました。500mlペットボトルはさすがに頭が出ます(笑)

でもまぁ一応持ち運べるレベルではあります・・・

mont-bell「タフランバーバッグM」の中に入れていたもの

マチがついているので僅か6L程度の容量にも関わらずこれだけの量が持ち運びできますね。

形も四角なので、目一杯収納してもフォルムが崩れることがないのでその点も良いです。

他のレンズ(広角・望遠)で試してみる

mont-bell「タフランバーバッグM」α7Ⅱ+Tamron1728

Tamron28200」より小さな広角レンズの「Tamron1728」は余裕で入ります。

ちょっとした公園とかでのスナップであればこれでOKですね。

mont-bell「タフランバーバッグM」α7Ⅱ+Tamron70180

望遠レンズの「Tamron70180」も入りましたが、あと4cmくらいしか余裕がないのでペットボトルは無理でした・・・

まとめ

外に持って行く際に、カメラ(α7c・α7Ⅱ)とipadmini6を持ち運べて防水で軽いバッグを探していましたが、答えはカメラバッグではなく、アウトドア用のバッグでした。

mont-bell「タフランバーバッグM」の中に入れていたもの

これだけ入れば、子供と遊ぶ時も一人で出かける時も旅行でも色々な用途にマッチしそうです。

アウトドア用品は用途がら軽量かつ丈夫に作られているので、カメラが趣味の人にも十分マッチしますね。

もと
もと

mont-bellの商品はamazonで買うと割高に設定されているので店舗が近くにある人は店舗がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。