2年半でNASの容量3TBがいっぱいになったのでSynology DS218j(NAS)のHDDを8TBに交換する方法

2年半でNASの容量3TBがいっぱいになったのでSynology DS218j(NAS)のHDDを8TBに交換する方法

こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまった、「もと(@MomoRock2017)」です。

2019年11月に購入したSynologyのDS218jとHDD(Western Digital HDD 3TB)2台をRAID1でミラーリング設定で使用していましたが、購入してわずか1年で容量が逼迫してしまいました・・・

Western Digital HDD 3TB
Western Digital HDD 3TB

SynologyのNASは色々種類がありますが、初期設定だと残容量が20%を切るとアラートメールが来るようです。

DS218j容量逼迫アラート
DS218j容量逼迫アラート

昨年はまだRAW撮影とか考えていなかったのですが、今年に入ってからRAWやGopro8の導入など容量がどんどん増えてしまいました。

Momo-rock

昨年末のペースなら後2年は3TBで問題なかったはずなんだけどな・・・(涙)

今後もRAWと動画データはどんどん増えると思うので、今の3TB→8TBに大幅増強することにしました。

本記事はSynologyのDS218jのHDDを3TB→8TBに拡張する手順をご紹介します。

DS218j(NAS)のHDD交換手順

SynologyのDS218jのHDDの交換は非常に簡単です。

交換するHDDを購入する

管理画面でHDDの情報を確認する

万が一トラブルが発生した時に障害ポイントがどこなのか特定するために必要です。

NASの電源を落とす

コントロールパネルから操作することで電源を着ることができます

HDDのうち片方を交換する

一時的に容量が3TBと8TBになります。

HDDを同期する

3TBのHDDにあるデータを8TBのHDDにコピーします

コピーが終わったらもう1台のHDDを交換する

この作業で8TB×2のHDDがミラーリングされます

コントロールパネルで正常に稼働しているか確認する

HDDの状態が問題ないかの確認をします

交換するHDDを購入する

WD Red Plus 8TB
WD Red Plus 8TB

管理画面でHDDの情報を確認する

コントロールパネルのストレージマネージャーからHDD/SSDの情報が確認できます。

これらの状態が問題ないかと、障害が発生した場合に備えてシリアルナンバーを控えておくと良いです。

Momo-rock

交換自体簡単なのでほぼ問題は起きないと思います・・・
DS218jストレージマネージャー
DS218jストレージマネージャー画面

NASの電源を落とす

今回行う作業でHDDのうち片方を交換すると、2つのHDDのデータが一致しないため、アラート音が鳴ります。

今回は障害ではないので、チェックを外しておきます。

DS218jアラート設定をオフにする
DS218jアラート設定をオフにする

チェックを外した後はNASの電源をオフします。

HDDのうち片方を交換する

本体の電源が完全に落ちたことを確認してから、LANケーブル・電源ケーブルを抜線します。

HDD交換に必要なもの
  • ビスを外すためのドライバー(普通のものでOK)
  • ホコリを飛ばすためのブロワー(カメラ用のものでOK)
  • 新しいHDD

SynologyのDS218jは背面に2個所ビスがあり、それを外してから箱をスライドさせるとこんな感じになります。

DS218jカバー外した後
DS218jカバー外した後

側面から見るとHDDを固定しているビスが4本見えます。反対側も同じ個数ビスがあるので合計8本のビスで2つのHDDを固定しています。

DS218jHDD固定ビス外し
DS218jHDD固定ビス外し

片方のHDDを固定している4本のビスを外し、HDDをを横にスライドするとこうなります。

DS218jHDD外した後
DS218jHDD外した後

HDDを抜いたところに購入したWD Red 8TBを差し込んでビスで固定します。

DS218jHDD交換後
DS218jHDD交換後

カバーをつけて、LANケーブル・電源ケーブルを接続して本体の電源ボタンを押して起動します。

HDDを同期する

電源が入り、起動してNASにログインするとこのような画面が表示されます。

これは、2つのHDDのデータが一致しないことによるエラーなので今回は正常ですので、無視してOKです。

DS218jエラー画面
DS218jエラー画面

ストレージマネージャーの操作を選択し、修復を行います。

この画面だけ見ると、データの保存された3TBのHDDを修復しそうに見えますが、このまま進みます。

DS218jのHDD修復作業
DS218jのHDD修復作業

次の画面で今回交換したHDDの容量が表示されているか確認して次へ進みます。

DS218jの交換したHDDの容量チェック
DS218jの交換したHDDの容量チェック

新しいHDDなので消去しても問題ないので、OKをクリック

DS218jのHDDの消去
DS218jのHDDの消去

選択した内容が表示されているはずなので、適用をクリック

DS218j修復内容の確認画面
DS218j修復内容の確認画面

ストレージプールを開いて「修復しています。」と交換したHDDが表示されていれば問題なしです。

DS218j修復状態チェック
DS218j修復状態チェック

画面右側の通知に内部メモリ(SwapとRoot)の整合性チェックが完了したら、データがコピーされるまでやることはありません。

ストレージプールのステータスで進捗が確認できます。

Momo-rock

約3TBのコピーに6時間~7時間かかったので、寝る前にコピーしておくと良いと思います。
HDD修復進捗確認
HDD修復進捗確認

コピーが終わったらもう1台のHDDを交換する

コピーが終わったら、DS218jの電源を切り、HDDを交換してもう一度同じ工程を繰り返します。

1回目と同じくらいの時間がかかるので、これも寝る前にやっておくと良いと思います。

コントロールパネルで正常に稼働しているか確認する

ストレージマネージャーでシステムが正常に稼働しているか確認して終了です。

ストレージマネージャーで正常確認
ストレージマネージャーで正常確認

まとめ

まさかわずか2年半の写真・動画のデータで3TBを使い切ると思いませんでした・・・

HDDを交換する手順自体はご紹介したとおり簡単なので、ドライバーさえあれば誰でもできます。

ただ、年々画質が良くなっているので、私のようにギリギリの容量のHDDのを購入するよりも余裕を持ったHDDの容量を選ぶのが良いと思います。

Momo-rock

これでまたいっぱい写真・動画を撮影できる!

以上「2年半でNASの容量3TBがいっぱいになったのでSynology DS218j(NAS)のHDDを8TBに交換する方法」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です