ユナイテッド航空のマイレージプラス最大85%ボーナス特典マイルキャンペーン開催中!

ユナイテッド航空のマイレージプラス最大85%ボーナス特典マイルキャンペーン開催中!


こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまったMomo-rock(@MomoRock2017)です。

国内線においてはANAより少ないポイントで特典航空券が発券できたり、ストップオーバーで複数都市を同じマイルで回遊できたりと魅力いっぱいのユナイテッドクラブ航空のマイレージプログラムのマイレージプラスの購入セールが開催されています。

POINT
今回のセールは最大85%のボーナスマイルが加算されるので最大まで購入すると普段のマイル単価の54%と驚異的なお得さです

本記事ではマイレージプラス最大85%のボーナス特典キャンペーンの概要・お得な利用方法についてご紹介します。

Momo-rock

今回のキャンペーン対象じゃない方にとってもマイレージプラスは国内線最強マイルプログラムです。

マイレージプラスがANAマイルよりお得な点

私は陸マイラー活動でANAマイルを貯めて、クレジットカード決済ではユナイテッド航空のマイルをひたすら貯め続けています。

ユナイテッド航空はANAと同じくスターアライアンスという航空連合に所属しているため、マイルの相互利用が可能です。そのため、ユナイテッド航空のマイルを使ってANAの特典航空券を発券することが可能なのです。

また、私は2017年にSFC修行を行い、SFC会員でもあるのでスターアライアンスに所属している航空会社のラウンジが利用できるというメリットもあります。

国内線はANAよりもユナイテッド航空のマイルの方が使い勝手が良い

マイルの相互利用ができるだけではなく、ユナイテッド航空のマイルを使ってANAの国内線の特典航空券を発券できます。

ローシーズンを除きユナイテッド航空のマイルで特典航空券を発券した方が必要マイルが少なく済みます。

航空会社シーズン800マイル以下801マイル以上
ANAロー5,000マイル7,000マイル
ANAレギュラー6,000マイル9,000マイル
ANAハイ7,500マイル10,500マイル
ユナイテッド航空不問5,000マイル8,000マイル

Momo-rock

800マイル以下(羽田⇒札幌)、801マイル以上(羽田⇒沖縄)の想定です

ちなみにANAがユナイテッド航空のマイルよりもお得なローシーズンは以下のとおり限られています。

ANAローシーズン
  • 2020年:1/6~2/29、4/1~4/23、12/1~12/24
  • 2021年:1/5~2/28

Momo-rock

国際線の特典航空券については変動性に変わってしまったのですが、国内線では引き続き最強のマイレージプログラムです。

マイレージプラスのマイルに有効期限なし

昨年行われたマイレージプラスのプログラム改定で従来は18ヶ月以内にマイルの変動がない場合失効していたマイルが、有効期限なしに変更となりました。

どうしても特典航空券は中々日程が合わなかったり、空きがなかったりと思うように発券できないことが多いです。

マイレージプラスと異なりANAのマイルは36ヶ月で失効してしまうので、安心です。

乗り継ぎ便でも必要マイルが変わらない

ユナイテッド航空乗継便

これはユナイテッド航空の不思議なところなのですが、国内線で乗継で特典航空券を発券しても必要マイルが変わりません。

羽田⇒那覇であれば検索に出てくる行程であれば必要マイルは8,000マイルだけです。

Momo-rock

往復で検索すると数時間の乗継しか出てこないので、片道ずつ検索するのがポイントです。

羽田⇒福岡⇒那覇

羽田⇒福岡⇒那覇

福岡空港は空港から中心地まで20分もあれば行けるので、金曜日の夜出発とかの行程だと福岡も沖縄も満喫できそうですね。

羽田⇒千歳⇒那覇

羽田⇒千歳⇒那覇

羽田から那覇と逆の千歳空港を経由する行程です。SFC修行僧が国内線で使用する三角飛びのルートもマイレージプラスだとたったの8,000マイルで発券することができます。

マイレージプラス最大85%ボーナス特典概要

対象者には別途メールで通知がきているようなのですが、ボーナス特典の概要は以下のとおりです。

抑えておくべき点はキャンペーン期間・年間購入マイルの限度・ボーナスマイルは40%と85%の2段階の3つですね。

抑えておくポイント
  • キャンペーン期間は2020年2月28日午後2時59分(日本時間)まで
  • 1アカウントにつき175,000マイル(ボーナス込み)が年間購入上限
  • ボーナスマイルは40%(〜29,999マイル)と85%(30,000マイル〜)の2段階
  1. このキャンペーンは 2020228日午後259分(日本時間)まで有効です。
  2. ボーナスマイルは、1アカウントにつき175,000マイルの年間購入限度の対象となります。
  3. マイルのご購入は、アカウントごとに年間175,000マイルまでとなります。
  4. ボーナスマイルは通常、お取引完了後にお客様のマイレージプラスアカウントに加算されます。お取引によっては加算処理に最大48時間かかる場合があります。
  5. ボーナスマイルは一度のお取引ごとに算出されます。
  6. お取引に適用されるボーナスマイルは表をご参照ください。
  7. 複数のお取引を合算してボーナスマイルを算出することはできません。
  8. ご購入と同時にご利用のクレジットカードに請求させていただきます。
  9. 必要マイルおよびその他の手数料、キャンペーン利用規約は変更される場合があります。
  10. ご購入後のマイルの払い戻しはできません。
  11. ご購入されたマイルは、マイレージプラスのプレミア資格の対象になりません。
  12. マイレージプラスプログラムの規則およびご利用規約がすべて適用されます。
  13. カナダ在住者には、物品サービス税(GST)/統合売上税(HST)が加算されます。
  14. ユナイテッド・マイレージプラスのマイル購入は、Points.comのサービスを利用しています。お取引は「Points United Miles」と表示されます。
  15. この料金はbuymiles.mileageplus.comでご購入いただいた場合にのみ有効です。
  16. マイルをギフトとして受け取られた方がボーナスマイルをご獲得いただけます。

購入すべきマイルは85%を獲得できる30,000マイル以上

このキャンペーンは購入するマイル数によってボーナスマイル数が異なります。

  • 〜29,999マイル:40%のボーナスマイル
  • 30,000マイル〜:85%のボーナスマイル

基本的には国内線の使い勝手が良いユナイテッド航空のマイレージプラスなので羽田⇔沖縄(片道8,000マイル)で計算してみます。

ちょうど3往復分を購入することができないので3往復分は除いています。

基本マイルボーナスマイル合計マイル金額1往復あたり
1往復12,000マイル4,800マイル16,800マイル51,341円51,341円
2往復23,000マイル9,200マイル32,200マイル91,538円45,669円
4往復35,000マイル29,750マイル64,750マイル149,774円37,443円
5往復44,000マイル37,400マイル81,400マイル188,250円37,650円

ANAの沖縄便と比べてお得なのか

ANA羽田⇔那覇

単純な往復だと、今回の85%ボーナス特典を利用して約10,000円(1往復あたり約2,500円)お得になります。

Momo-rock

単純な往復だとそこまでメリットが無さそうなので、国内線の経由を利用するのが良さそうです。

マイレージプラスの特典航空券は乗継便で利用するのがお得

国内線の単純往復だけを考えるのであれば今回の85%ボーナス特典は正直なところそこまでお得か微妙な印象です。

ただ、ユナイテッド航空のマイレージプラスを最大限活かす国内線の乗継便を利用することで、お得度が一気に増しますね。

追加料金がかからないので普段行かないような空港に行ってみるとか、観光地に行ってみると行った旅行の楽しみが大きく膨らみます。

Momo-rock

直行便よりも乗継便の方が特典航空券も取りやすいですよ。

以上「ユナイテッド航空のマイレージプラス最大85%ボーナス特典マイルキャンペーン開催中!」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です