Snapscan iX100レビュー|ハンディサイズの高性能スキャナー【重さ約400g】

Snapscan-iX100レビュー|ハンディサイズの高性能スキャナー【重さ約400g】

こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまった、「もと(@MomoRock2017)」です。

旅行の思い出(美術館のチケット・地下鉄の切符・パンフレットなど)は大事に取っておきたいものですが、小さいものだったりかさばったりと意外と面倒ですよね。

小さいものであれば写真で残すという方法はありますが、海外のおしゃれなパンフレットや絵葉書などは写真よりもPDFデータの方が便利ですよね。

私は、プリンター機能は印刷をほとんどしないので不要なためスキャナーオンリーで探していました。

求めるスペックは、便利さ重視で以下の3点でした。

  • スキャンが早い
  • 持ち運ぶかもしれないので軽い
  • データをクラウドに直接保存できる

コロナウイルスの影響で家電量販店に中々行けないため、スペックだけで比較して購入しましたが、私の求める機能がすべて叶えられるものが見つかったので、思わず購入しちゃいました。

Momo-rock

購入するときは必ずポイントサイトを比較して、購入するとよりお得にガジェットが購入できます。

今回購入したのは「Snapscan iX100」です。

SnapscaniX100

軽い(約400g)、スキャンが早い(A4サイズ1枚/5.2秒)、クラウド保存対応(Googleドライブ、Evernoteなど)の3拍子そろったスキャナーです。

Momo-rock

モバイルバッテリーでも充電できるので外出時でも利用可能です

購入してみて、狂ったように書類をスキャンしましたが意外と家に書類って沢山ありますよね・・・

いろいろな書類をPDFデータを作成できるのは本当に便利でした。

そんなわけで本記事は「Snapscan iX100レビュー|ハンディサイズの高性能スキャナー【重さ約400g】」についてご紹介します。

持ち運ぶ際の専用ケースはこちら

富士通 スキャナー ScanSnap FI-IX100A専用収納ケース-Hermitshell

Snapscan iX100外観・機能

富士通の「Snapscan iX100」は、クラウド対応したハンディスキャナーです。

同封されているのはこの3つだけのシンプルな構成です。

  • 本体
  • USBケーブル
  • Evernote Premium(3ヶ月版)

外観レビュー

Snapscan iX100外観

273mm(高さ)×47.5mm(奥行)×36mm(高さ)とサランラップの箱より一回り小さいサイズです。

Snapscan iX100電源オン

電源ボタンは無く、写真のようにフラップを開けると自動的に電源が入ります。

Snapscan-iX100裏面

裏側は排紙するための口とWi-Fiスイッチ、WPSボタンのみとシンプルです。

Snapscan-iX100コネクタ

側面は充電用のmicro USBとストラップホールがあります。

充電はモバイルバッテリーでもできるので、外出先でも使用しやすくなっています。

Snapscan-iX100重さ

重さは413gと非常に軽いです。サイズも小さく軽い・・・「Snapscan iX100」は持ち運ぶためのハンディスキャナーですね。

Snapscan iX100の機能

こんな小さな「Snapscan iX100」ですが、便利な機能が詰め込まれたすごいスキャナーなのです。

バッテリー搭載で電源無しでスキャンできる

720mAhのバッテリーを内蔵しているため、電源がないところでもスキャンすることができます。

電池容量は軽さとトレードオフなので、やや物足りなさがありますがモバイルバッテリーでも充電可能なので問題ないでしょう。

パソコン・スマートフォン・タブレット・クラウド連携可能

スキャンしたデータをパソコン・スマートフォン・タブレット・クラウドサービスにデータを保存することが可能です。

スマートフォンにデータを連携して、LINEやSlackなどで共有といったことも容易に可能です。

スキャンが早い

A4サイズの原稿であれば5秒程度でスキャンできるので、複数枚あってもストレスになりません。

A4サイズだけでなく、様々なドキュメントサイズに対応しています。

スキャンできるもの
  • A6〜A3
  • B6〜B4
  • はがき
  • 名刺
  • クレジットカードなどのプラスチックカード
  • レター、リーガルサイズ

社会人人生でレターとリーガルサイズを見たことないので、よく分かりませんがA4・A3をちゃんと抑えているところは素晴らしいです。

OCRスキャン対応

スキャンする時にOCR(Optical Character recognition)に対応しているため、スキャンしたデータの文字列を検索することができます。

また、スキャンした際に自動的に文書名・日付を自動的にスキャン文書名に付与します。

Momo-rock

文書名の精度はだいたい40%位はちゃんとなる程度です。

我が家のSnapscan iX100活用法

旅行でたまった、チケットなどはすべてスキャンしてGoogleDriveに保存しました。

あとは、月に数回子供の保育園からのプリントをスキャンして妻と共有設定しているフォルダに入れておけば、プリントをダイニングテーブルにおいて共有する必要もありません。

Momo-rock

スキャンしたあと共有ホルダにデータを移動して、LINEするだけです

Snapscan iX100まとめ

購入してから4ヶ月位経ちますが、その間印刷が必要だったのは数回程度でした。

購入して使用してみて、やっぱり軽い・早い・クラウド対応は本当に便利ですね。

購入して便利だった点
  • 軽い
  • スキャンが早い
  • クラウド対応

Momo-rock

家族間のデータの共有は本当に便利ですよ〜

富士通 スキャナー ScanSnap FI-IX100A専用収納ケース-Hermitshell

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です