札幌のおすすめできるラーメン(一粒庵・いそのかづお)・海鮮丼(にっかい)

こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまったMomo-rock(@MomoRock2017)です。

SFC修行では中々訪れる機会が無い札幌市内ですが、今回は出張があったため出張のついでに札幌の行きつけのお店に行ってきました。

修行要素はまったくなく、私の独断と偏見でラーメンと海鮮丼をご紹介します。

札幌は博多と並ぶグルメ都市

札幌は博多と同様においしい料理が数多くあります。
博多はどちらかというと肉系ですが、札幌は海鮮料理が中心ですね。

また、北海道は酪農・農業ともに日本有数の都道府県なので、海鮮にとどまらずありとあらゆる料理が美味しい都市です。

札幌のおすすめ料理といえば

  • 味噌ラーメン
  • 寿司
  • お刺身
  • 海鮮丼
  • スープカレー
  • ざんぎ
  • ジンギスカン

札幌駅から近く交通アクセス抜群の味噌ラーメン「一粒庵」

一粒庵
札幌といえば味噌ラーメンです。

味噌ラーメンの有名なお店はたくさんありますが、まずは味噌ラーメンのお店「一粒庵」をご紹介したいと思います。

写真はお店一押しの「元気が出る味噌ラーメンDX」です。

臭いが出にくい「行者ニンニク」を使用し、行者ニンニクと卵を炒めたスクランブルエッグが載っているとためにんにくの風味を感じながら気になる匂いをカットする粋なラーメンです。

スープはコクがありながらも味噌ラーメンにありがちな熱すぎて食べられないということも無く、旨味が溢れてきます。

Momo-rock

お店の方曰く化学調味料を使用していないそうです。

麺は、やや黄色がかった中太のちぢれ麺で、先ほどのスープが絡んで絶妙な旨さでした。

「一粒庵」は札幌駅のすぐ近くにあるホクレンビルの地下1階にあるので、アクセスも抜群です。

私が食べに行ったのは昼の12時30分頃では20名程度の並びがありましたので、ランチタイムに行かれる方はお時間にご注意ください。

注意
平日ランチタイムはかなり待ちます

すすきのど真ん中、オンリーワンのラーメン「いそのかづお」

いそのかづお暖簾
北海道一の繁華街のすすきののど真ん中にある「いそのかづお」というラーメン屋もおすすめです。
名前はちょっとふざけた感じですが、味はピカイチで深夜でも並びができるほどの人気店です。

ラーメンは富山ブラックのような黒い醤油ベースのスープに中太ちぢれ麺がからみ絶品です。
これだけ濃い色ですが、醤油辛いということはなく割とあっさりしたラーメンでした。
いそのかづおラーメン
これだけ麺にスープが絡みます。
いそのかづおラーメン

大半の方は札幌ブラックを選ばれるので、初めてであれば札幌ブラックが無難です。
いそのかづおメニュー

お店の場所はすすきのの中心部から2本くらい離れた雑居ビルの中にあります。

札幌の海鮮丼で一番オススメは場外市場の「にっかい」

にっかい
札幌には2つ市場があり、一つは札幌市内から徒歩でもいける「二条市場」ともう一つは今回私が行った少し中心地から離れた「場外市場」です。
「二条市場」は中心地に近いため観光客向けに値段が設定されており、少し値段が高いというのが理由です。

場外市場は札幌中心地からタクシーだと1,200円程度、電車だとJR桑園駅か地下鉄二十四軒下車徒歩10分程度で数百円の距離なのでそれほど遠いわけではありません。

今回おすすめする「にっかい」は場外市場に3店舗と食堂を構える大きなお店です。
このお店は独自のルートで「かに」を仕入れているため、新鮮な「かに」を安価で販売しています。

食堂の雰囲気はこのような感じです。看板に趣きがあります。
にっかい看板
メニューは色々ありますが、やはり海鮮丼が一押しのようです。
にっかいメニュー

今回は三色丼1,500円を選びました。

海鮮丼を頼んだらカニ汁がセットで付いてきましたが、1,500円でこのボリュームです。
空港の三色丼だと3,000円位しそうなボリュームですので、コストパフォーマンスが抜群です。
にっかい海鮮丼

水産加工品で有名な「佐藤水産」

佐藤水産
東京都内でもたまに見かける水産加工品で有名な「佐藤水産」さんのお店に行き、「とろろ昆布」を買って帰りました。
色々な変わった加工食品があるので、興味がある方は是非寄ってみてください。

佐藤水産店内

まとめ

今回はあまり時間がなかったため、ラーメン2杯と海鮮丼しか食べられませんでしたが、次回はスープカレーやジンギスカンなども食べたいですね。

以上「札幌のおすすめできるラーメン(一粒庵・いそのかづお)・海鮮丼(にっかい)」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です