楽天ゴールドカード改悪に対する移行先は楽天プレミアムカード?楽天カード?検証してみました

こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまった、「もと(@MomoRock2017)」です。

楽天経済圏にいる方にとってコスパ抜群のクレジットカードである楽天ゴールドカードが2021年4月1日から改悪されます。

私の楽天経済圏
  • 楽天市場:1倍
  • 楽天証券:1倍
  • 楽天カード:5倍
  • 楽天モバイル:1倍
  • 楽天kobo:0.5倍
  • 楽天ブックス:0.5倍
  • 楽天トラベル(たまに):1倍

私の場合はだいたい9倍〜10倍をいったりきたりしていますので、楽天市場で購入する際には還元率9〜10%で購入している計算になります。

本記事は、楽天経済圏にそこまでハマっていないミドルユーザー目線で、今回の改悪がどの程度影響を受けるか検証します。

楽天ゴールドカードの改悪内容

現在は楽天市場で楽天ゴールドカードを使用して買い物すると年会費10,000円(税抜)の楽天プレミアムカードと同じ4倍のポイントが付与されていました。

2021年4月1日からは年会費無料の楽天カードと同じ2倍のポイント付与に改悪されます。

楽天カード楽天ゴールド
カード
楽天プレミアム
カード
年会費(税抜)無料2,000円10,000円
還元率1%1%1%
SPUポイント+2%ポイント+2%ポイント+4%
国内空港ラウンジ使用不可年2回まで無料
※一部空港のみ
無料
※一部空港のみ
海外空港ラウンジ使用不可使用不可プライオリティパス
楽天ゴールドカード改悪後の各楽天カード基本事項比較

楽天ゴールドカードを持つメリットは年2回の国内線空港ラウンジの使用だけになりますね・・・

私だったら100%どちらかに切替えます。楽天ゴールドカードを保有し続けるメリットはありません。

既存楽天ゴールドカード会員への対応

改悪は残念ですが、既存の楽天ゴールドカード会員への対応はしっかりとしている印象を受けました。

楽天ゴールドカード既存会員への対応
  • 通常カードへの変更:年会費を返還(月割)
  • プレミアムカードへの切替
注意
2021年3月31日までに手続きが必要です。

切替先の楽天プレミアムカードと楽天カードの損益分岐点は?

楽天ゴールドカードを保有しつづけるメリットは皆無であることが分かったと思います。

では、切替先として年会費10,000円(税抜)の楽天プレミアムカードと年会費無料の楽天カードどちらに切り替えるのがお得か検証します。

注意
両カードのポイント還元率に差があるのはSPU(楽天市場)での支払いの際のみです

計算方法はすごく簡単で両カードの年会費の差11,000円(税込)をSPUのポイント差の2%で割り戻すだけです。

損益分岐点の金額
年間550,000円(約46,000円/月)

年間55万円以上楽天市場で使用するのであれば、楽天プレミアムカードに切替えた方がお得になります。

もと

楽天お買い物マラソンでふるさと納税を楽天市場に集中させても月4万円前後の支払いが必要ですね

楽天プレミアムカードに切替えた方が良い人

楽天プレミアムカードに切替えたほうが良い人は

  • 年間55万円以上楽天市場で買い物をする人
  • プライオリティパスが欲しい人

プライオリティパスは2021年1月現在コロナ禍の影響で海外に渡航するのが非常に困難です。

プライオリティパスが欲しい方は一度楽天カードに切り替えて落ち着いたら切り替えるのが年会費の節約になって良いですね。

楽天カードに切替えたほうが良い人

楽天カードに切替えたほうが良い人は

  • 年間55万円も楽天市場で使用しない人

おそらく多くの方は年間55万円も楽天市場で使用しないと思いますので、こちらの方が多いでしょう。

まとめ

楽天ゴールドカードの改悪を受けて、切替先を楽天プレミアムカードか楽天カードどちらにすれば良いのかは「楽天市場」での決済金額に応じて判断するのが正解です。

注意
楽天市場以外の決済に差は無いので間違えないように

私自身は基本的にはamazonで購入し、楽天市場はお買い物マラソン時のふるさと納税くらいしか使用していないので、いずれ楽天カードに切り替えると思います。

以上「楽天ゴールドカード改悪に対する移行先は楽天プレミアムカード?楽天カード?検証してみました」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です