【2021年度版】陸マイラー初心者にはTOKYUルートとが使える「ちょびリッチ」をおすすめする理由を良い点・悪い点双方からわかりやすく説明

こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまった、「もと(@MomoRock2017)」です。

私が陸マイラー活動を初めた時、陸マイラーの使うポイントサイトは「ハピタス」一強の時代でした。

ポイント案件の豊富さ、ポイント還元率の高さが他のポイントサイトの追従を許さない状況だったからです。

もと
もと

本記事では特におすすめできるポイントサイト「ちょびリッチ」をなぜおすすめしているかを図解して説明しています。

2021年1月現在、ANAマイラーとしてメインで利用できるポイントサイトは全部で4つ

ANAマイラーにおすすめのポイントサイト4選
  1. ハピタス
  2. モッピー
  3. ちょびリッチ
  4. ポイントインカム

この中でも特におすすめなのは「ハピタス」「モッピー」の2つです。

この4つを登録して、黙々とポイント案件をこなしていくと年間30万マイルを目指すことも不可能ではありません。

もと
もと

ポイント案件は地味に、一つずつ地道にこなすしかないので途中で挫折せずがんばってください。

2021年現在、モッピーがかなり頑張っていて「ハピタス」「モッピー」の2強という感じになっています。

とはいえ、他のポイントサイトが手をこまねいて見ている訳ではありません。

本記事でご紹介するちょびリッチは、「ハピタス」「モッピー」にないステータス制度があり、ステータスによって「買い物」」「アプリダウンロード」「アンケート」「モニター」で獲得したポイントが増量されるという特徴があります。

もと
もと

「楽天市場」の買い物が最大15%増量されるのは、他のポイントサイトにはありません。

クレジットカード案件にやや強い傾向のあるポイントサイトかつTOKYUルートが使用できるポイントサイトなので登録しない手はありません。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの基本概要

ちょびリッチの魅力を紹介する前に、簡単にちょびリッチの基本概要を紹介します。

ちょびリッチの特徴
  • 運営会社:株式会社ちょびリッチ
  • 設立:2004年8月(創業は2002年1月)
  • 資本金:7,000万円(2020年9月末現在)
  • 会員数:400万人(2020年4月時点)
  • 交換先:各種銀行、.money等数多い
  • ポイント単位:2ポイント=1円
  • ポイント有効期限:最終ポイント獲得後1年で失効

TOKYUルートの利用ができる.moneyへの交換と良いと思います。

注意点として2ポイント=1円なので、見た目上ポイントがすごく多いように見えますが、1/2で見てください。

ポイント有効期限は最終ポイント獲得後1年以内にポイント獲得がないと失効します。陸マイラー活動をしていれば問題ありませんね。

創業は「ハピタス」「モッピー」よりも古い会社で、会員数も2020年に400万人を超えたということなので、信頼のおけそうな老舗ポイントサイトですね

ちょびリッチが初心者陸マイラーにもおすすめできる理由

先程も触れましたが、「ちょびリッチ」を初心者陸マイラーにおすすめするのは、

ちょびリッチをおすすめする3つの理由
  • 案件数が豊富
  • ちょびガチャ(ゲーム)でポイント獲得できるので実質ポイント有効期限なし
  • 会員ランクでポイント増量(最大15%)

3つ目は影響大きいです。

案件数が豊富

全案件数は多すぎて正直良くわかりません・・・

陸マイラーの主要案件、ECサイトはほぼ網羅されている「ハピタス」「モッピー」と同程度の案件数があります。

ちょびリッチにある陸マイラーの主要案件
  1. ECサイト(楽天市場、Yahoo!ショッピングなど)
  2. クレジットカード
  3. FX
  4. 保険案件
  5. 旅行代理店・ホテル(マリオットや楽天トラベルなど)
  6. 不動産投資

これらの主なところはすべて揃っています。

「ハピタス」「モッピー」だけでなく、今回ご紹介している「ちょびリッチ」もTOKYUルートが使用できる数少ないポイントサイトです。

最大ポイント案件があった時備えて登録しておくと良いです。

もと
もと

結構クレジットカード案件でいきなりトップ還元率とか出している時があります。

ちょびガチャ(ゲーム)でポイント獲得できるので実質ポイント有効期限なし

これは通常のポイントサイト活動であれば、デメリットになりますが陸マイラーとして日々活動していれば、さほど問題ではありません。

ちょびリッチには「ちょびガチャ」というミニゲームがあり、ミニゲームでわずかですがポイントを得ることを出来ます。

ゲームでポイントを獲得している限り有効期限は伸び続けますので実質有効期限なしのようなものです。

もと
もと

1ヶ月毎日やって100円分くらいですかね・・・

ポイントサイト名有効期限おすすめ度
ハピタス最終ログインから12ヶ月
モッピー最終ポイント獲得から180日×
ちょびリッチ最終獲得日から1年間
ポイントインカム最終ログインから180日
TOKYUルートを使用できるポイントサイトのポイント有効期限

会員ランクで獲得ポイント増量(最大15%)

ちょびリッチでは、会員のステータスによって合計獲得ポイントにボーナスがあります。

中でもおすすめは、「買い物」です。

楽天市場での買い物をした際の獲得ポイントが5〜15%も増量されます。

もと
もと

楽天市場での買い物のポイントは1%なので、1.05%〜1.15%になります。

会員ランク別ボーナスポイント
ちょびリッチ会員ランク別ボーナスポイント

会員ランクを上げる方法

会員ランクを上げる方法は、「回数」もしくは「獲得ポイント数」です。

過去6ヶ月間の「回数」もしくは「獲得ポイント数」がカウント対象です。

ちょびリッチ会員ランクアップ条件
ちょびリッチ会員ランクアップ条件
もと
もと

楽天お買い物マラソンとかで積極的に使用していれば、簡単にプラチナになれますね。

永久ゴールド会員制度あり

ちょびリッチに入会して1年以上経過かつ一度でもプラチナ会員になると永久にゴールド会員から落ちることはありません。

デメリットは皆無なのでとりあえず登録だけでもすると良いと思います。

プラチナ会員はamazonギフト、App Store&iTunes、nanacoギフトへの交換優遇あり

プラチナランクになるとamazonギフト、App Store&iTunes、nanacoギフトへの交換が優遇されます。

陸マイラー的にはメリットは感じられませんが、iCloudの支払いにも使えるので写真が多い方には良いかもしれませんね。

ちょびリッチプラチナランクボーナス
ちょびリッチプラチナランクボーナス

誕生日プレゼント(ポイント)あり

ちょびリッチのポイントは2pt=1円なので、大きな金額ではありませんが5pt〜50ptが付与されます。

ちょびリッチ誕生日ボーナス
ちょびリッチ誕生日ボーナス
誕生日プレゼント(ポイント)あり
  • プラチナ:50pt=25円
  • ゴールド:20pt=10円
  • シルバー:5pt=2.5円

過去180日以内にポイントを獲得して、誕生日当日にログインする必要があります。

ちょびリッチのもうちょっと頑張って欲しいところ

個人的にはずっと使ってきているポイントサイトで私の5年間の獲得ポイントのトップ2は「ハピタス」と「モッピー」です。

ただ、本記事で紹介しているちょびリッチもクレジットカード案件を中心に20万ポイント位稼がせてもらっています。

もと
もと

ちょびリッチでは主に楽天市場を使用しています。10%のポイントアップですが、塵も積もれば結構な金額になりますね。

ただ、この「ちょびリッチ」にも改善してほしい点がいくつかあります・・・

ちょびリッチの惜しいところ
  • ポイント単価が2pt=1円とややわかりにくい
  • 現金に交換する際には住信SBI・楽天・ジャパンネット銀行を除き手数料がかかる

ポイント単価が2pt=1円で分かりにくい

地味ですが、マイルの計算をしている時2pt=1円をいちいち計算しないといけなく正直面倒です。

ポイントサイト名ポイント単価おすすめ度
ハピタス1pt=1円
モッピー1pt=1円
ちょびリッチ2pt=1円
ポイントインカム10pt=1円
TOKYUルートを使用できるポイントサイトのポイント単価比較
もと
もと

これ未だに結構早とちりしてショックを受けてます(笑)

こんなにポイントあるの!?あー・・・ちょびリッチは1/2のサイトだったとか・・・

現金に交換する際には住信SBI・楽天・ジャパンネット以外の銀行に交換手数料がかかる

これは、本ブログを見てくださっている方にはあまり関係ないかもしれません。

「ちょびリッチ」は現金に交換する際に住信SBI・楽天・ジャパンネット銀行以外の銀行に交換する際には手数料がかかります。

現金に交換する際の
最低ポイント数
かかる時間手数料
ハピタス300pt(300円相当)4営業日無し
モッピー300pt(300円相当)5営業日55〜165円
ちょびリッチ1,000pt(500円相当)3〜4営業日150円
※住信SBI・楽天・ジャパンネット銀行除く
ポイントインカム5,000pt(500円相当)2営業日160pt(16円相当)
現金に交換する際の手数料一覧

ちょびリッチで貯めたマイルはTOKYUルートでANAマイルに交換可能

TOKYUルート図解
TOKYUルート図解

ちょびリッチで貯めたマイルは、そのまま現金化もできます。

ただ、ポイントを現金にしても1ポイントが1円にしかなりません。

TOKYUルートを使用してマイルに交換すると、1ポイントの価値が10円以上にもなります。

もと
もと

国内線だと1マイル=2円くらいですが、国際線のビジネスクラスやファーストクラスに交換すると1マイル=10円を超えます

TOKYUルートで必要なのはたったの3つだけ

1ポイントが1円以上になるTOKYUルートを利用するために必要なのは、たったの3つだけです。

TOKYUルートを使用するのに必要な3つのこと
  1. ちょびリッチ(ポイントサイト)に登録する
  2. 「.money」のアカウントを作成する
  3. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOカードを発行する

1.ちょびリッチ(ポイントサイト)に登録する

本記事でおすすめしているちょびリッチなどのポイントサイトに登録します。

下に紹介したポイントサイトはTOKYUルートを使用できるポイントサイトの中でも使いやすいポイントサイトだけを厳選しています。

2.「.money」のアカウントを作成する

1ポイントが1円以上になる夢のようなTOKYUルートの肝となるのがこの「.money」です。

TOKYUルート図解
TOKYUルート図解

1ポイントを1円以上にするTOKYUルートを使用するにはポイント活動で獲得したポイントをすべて「.money」に集める必要があります。

「.money」の登録はこちら

3.ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOカードを発行する

似たようなANAカードが数多くありますが、TOKYUルートを使用できるのは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO」だけです。

まれにポイントサイトで案件が出てきますので、ある程度ポイントサイトのポイントが貯まるまで、発券せずに待つと良いです。

もと
もと

ポイントがあまりないときに発券しても交換できるポイントはしれてるので、ポイントサイト案件を待ちましょう

ちょびリッチからTOKYUルートを最短で利用するスケジュールは1ヶ月弱かかる

TOKYUルート(ちょびリッチ)

ちょびリッチから「.money」へ交換するのはほぼリアルタイムで交換できます。

「.money」からTOKYUポイントに交換する締め切りは月2回(15日・月末)なので、それに合わせてポイントを交換するのが最も早いスケジュールになりますね。

まとめ

ちょびリッチは陸マイラーにとって、惜しいところもありますが他のポイントサイトと比較しても使い勝手の良いポイントサイトです。

また、簡単になれるプラチナランクだと楽天市場が他のポイントサイトよりも獲得ポイントが多くなるので積極的に使用したいですね

クレジットカード案件もまれに最高値を出していることもあるので定期的にページを確認して適宜利用していきたいポイントサイトの一つだと思います。

以上「【2021年度版】陸マイラー初心者にはTOKYUルートとが使える「ちょびリッチ」をおすすめする理由を良い点・悪い点双方からわかりやすく説明」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です