2019年にAmazonなどで購入してよかったものを振り返ってみる


こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまったMomo-rock(@MomoRock2017)です。
陸マイラー以外にも、生活を便利にするため年間100個以上もガジェットを購入するガジェットオタクでもあります。

基本的に、購入してすぐに届くので配送が遅い楽天はあまり使わず、大半をAmazonもしくは実店舗で購入しています。

2019年Amazonで購入した商品は117件383,485円でした。

Momo-rock

ちなみに2018年は89件190,518円だったので、今年は大分購入してます・・・

Amazonの購入金額を計算する方法

普通にamazonの注文履歴を見ても、各商品の購入履歴が閲覧できるだけで金額を計算することはできません。
しかし、世の中には凄い方がいらっしゃるもので「koyopro」さんと言う方が、計算するためのプログラムを公表してくださっていますので私はそれを使用しています。

スマートフォンからは使用できず、GoogleChromeとPCが必要です。

実際に計算してみよう

まずはじめに、先程の「koyopro」さんが公表されている、プログラムコードをコピーします。

プログラムと言っても、コピペするだけなのでどんな方でも使用することができます。
プログラム(javascript)をコピーする< プログラムコードは「GitHub」のページを開いて以下の枠内を全てコピーするだけです。

Amazon金額計算プログラム

後は簡単です。

  1. Amazonで注文履歴のページをGoogle Chromeで開く
  2. 注文履歴のページのURL欄に「Jacascript:」と入力
  3. その後ろに先程コピーしたプログラムコードを貼り付けてEnter
  4. ポップアップが出るので、調べたい年を西暦で入力

Momo-rock

全期間を計算したい場合は「all」と入力すると計算できます

話が脱線しましたが、振り返りなのでいくら使ったかは大事だと思うんです・・・大抵公開するんですけどね。

2019年を月別に購入したものを振り返る

今年Amazon使った金額を見て、まだAmazon以外でカメラとかレンズとかMacbookだとかヘビー級の商品を購入していたのでボディブローを食らったようにあまり気分が良くないですが振り返ってみます。

Momo-rock

物欲の赴くがままに購入した一年だった・・・

1月

FireHD8タブレットと純正カバー

子供用にAmazonプライムビデオを見せるために購入しましたが、ブルーレイで録画したNHKの「いないいないばぁ」を見るためのソニーのアプリがなかったため、使用しなくなりました・・・

現在は寝室でAlexaとして活躍しています。

Momo-rock

いつの間にかアップデートされてshowモードにするとEcho Showと同じように使用することができます。

MiBand3

Miband3
バッテリーの持ちが2週間超に加え、最低限の通知ができるスマートウォッチです。

金額も3,000円台で購入できるのでスマートウォッチってどんなもんだろうという方はまずこれを試してみてください。

私はこれで、スマートウォッチの良さを知り自分に必要な機能を把握してApple Watch Series 3を購入しました。

RX100M3

徐々に大きくなってきた子供を撮るのにiPhone8を使ってきましたが、よりきれいに取りたいということで大好きなソニーの1型センサーのコンデジ(RX100M3)を購入しました。

iPhoneよりはきれいに撮影できるので満足していたのですが、私は徐々にもっときれいに取りたいと思いα6400α6600とカメラ沼に足を踏み入れ始めたきっかけになった機種です。

ただ、すごく軽いので妻がスマートフォンとは別に持ち歩いています。

2月

ピジョン電動鼻吸い器

この頃(9ヶ月前後)から子供が風邪を引くようになりました。

まだ小さいので、自分で鼻をかんだり、吸ったりができないので親が吸ってあげる必要があります。

1歳7ヶ月になる今でもちょくちょく鼻水を出しているので、同じようなお子さんのいらっしゃる家庭は電動鼻吸い機を購入すべきです。

3月

キャリフリー チェアベルト デニムブルースター

子供が10ヶ月位になると自分で椅子に座れるようになってきました。

ベビーチェアのあるお店だと不要なのですが、キャリフリー チェアベルト デニムブルースターがあればベビーチェアの無いお店でも椅子の背もたれに巻いて設置するだけで簡易ベビーチェアにすることができます。

使わないときはただの布と変わらないので、軽量でかばんに入れておいても気になりません。

驚異の防臭素材BOSうんちが臭わない袋

離乳食が段々と進むと、ミルクばかり飲んでいた頃とは異なりうんちがかなり臭くなってきました。

外でおむつを変えた時にデパートなどであれば捨てるところがあるので良いですが、無いところの場合は自分で持ち帰る必要があります。

普通のビニール袋だとしっかり密閉してもうんちの匂いが漏れてきますが、うんちが臭わない袋はまったく匂いが漏れません。

Momo-rock

ペット用なのは効果やサイズが同じで安いからです。

Clipa2

Clipa2クリッパバッグハンガー
子供と外にいくようになってから、リュックはトートバックに比べて荷物を多く持っていきやすいので、リュックで外出する機会が増えました。

地面にリュックを置くことに抵抗があったので、Clipa2をテーブルに引っ掛けるようにしています。

また、足元ではなく手の届くところにリュックをおけるのでぐずり始めた時におやつをあげたり、iPadを出したりと非常に便利アイテムです。

abrAsus旅行財布

abrAsus旅行財布
abrAsusの「旅行財布」は長財布のように、お札も小銭もカードも収納でき一目で見えるところと、二つ折り財布のコンパクトさを兼ねそろえる財布です。

グアムに家族で行く予定だったので、硬貨を一目で見える財布が必要でした。

4月

ストッケ トリップトラップ ホワイトウォッシュ

子供も11ヶ月になり、自分でご飯を食べる練習をするようになってきたのがこの頃です。

このストッケ トリップトラップ ホワイトウォッシュ大人のテーブルと同じ高さで食事をすることができ、足のパネルを動かすことでずっと使い続けられるのでコスパは抜群です。

α6400 ダブルズームレンズキット

家族旅行でグアムに行く前に、手持ちのRX100M3よりももっときれいに取れるカメラを・・・ということでソニー大好きな私は1型センサーのRX100M3よりも大きなセンサーAPS-Cのα6400を購入しました。

このカメラはセンサーサイズが大きくなっただけではなく、世界最速でAFできるすごいカメラです。
また、瞳AFというソニー独自の技術で被写体の子供にバシッとピントをあわせることができて大満足なカメラです。

5月

JJC SONY PZ16-50mm専用オートレンズキャップ

購入したα6400の標準レンズにつけるとコンデジのように電源を入れると自動で蓋が開閉するので、蓋をはずす必要がなくなり便利です。

6月

SEL18105G

SEL18105G
5月に家族旅行で行ったグアムでα6400を使い思ったとおりの我が娘を写真に収めることができて大満足でした。

この頃になるとオートでの撮影だけでなく、自分で色々数値をいじって撮影するようになっていましたが、a href=”https://amzn.to/2ZkY6OL” rel=”noopener noreferrer” target=”_blank”>α6400の標準レンズはズームするとF値が変わってしまうので、その都度シャッター速度とかを変更するのがかなり面倒になってきました。

このSEL18105GはF値がF4で固定できるので、ズームしても数値を変更する必要がなく子供に集中できるようになったのです。

HARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット ミニ ブラウン 600ml

基本的にコーヒーはブラックでしか飲まないのですが、猫舌なのでアイスコーヒーの方が好みです。

一般的にアイスコーヒーを作る場合、氷をグラスに入れてホットコーヒーを入れる(コンビニのコーヒーと同じです)のですが、どうしても味が薄く風味が壊れているような気がしています。

このHARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット ミニ ブラウン 600mlはコールドブリューという水出しコーヒーをつくる器具で、寝る前に冷蔵庫に入れておくだけで翌朝美味しいアイスコーヒーが飲める優れものです。

7月

Huawei Matebook

このブログを書くためにプライムデーに合わせて購入しました。

それまではChromebookを使用していたのですが、タブを10位同時に並べると動作が遅くなってしまいストレスだったので、PCを買い換えることにしました。

このHuawei Matebook価格と性能のバランスが非常によく電源ボタンの指紋認証の精度も高いのでそれなりに性能の良いPCがほしいけど安いものが良いと言う方におすすめです。

Echo Dot 第3世代とNatureRemo

EchoDot 第3世代
NatureRemo
Amazonプライムデーでかなり安くなっていたことと、ちょうどスマートスピーカーを使ってみたいと思っていたので購入しました。

実際に動かすのはエアコンとテレビだけでしたが、夏場外出先から帰る前にエアコンをつけられるのはありがたかったです。

また、子供向けの歌なども流せるので保育園で振り付けを覚えた曲を流してあげると喜んで子供が踊ってくれるので自宅での癒やしが増えました。

8月

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)

購入したHuawei MatebookとiPhoneを同時に充電できるサイズの小さいものを探していたのですが、該当するのはこのAnker PowerPort Atom III (Two Ports) しかありませんでした。

Huawei Matebookは60Wでの充電が推奨されていますので、USBCポートから60Wでの充電が可能で2ポート使用しても48Wで充電できるこの充電器位のパワーがが欲しかったのです。

Amazon Photos 1 TB plan

α6400は4K動画も撮影できるので、がんがん動画も撮影していたのですが、いつの間にか動画データが100GBを超えそうになっていました。

Amazon Photosはプライム会員であれば5GBまで無料、以降100GB、1TB・・・と容量を拡張していくことができます。サブスクリプションなのでお金はかかりますがこの撮影した子供のデータはお金には代えられません。

といっても、月額200円程度が1,000円程度に変わるだけですので負担はそこまで大きくありません。

9月

RAVPower カメラバッテリーパックNP-FW50 1100mAh大容量互換バッテリー2個+急速デュアル充電器

α6400バッテリーが1100mAhしか無いので、写真を400枚+4K動画10分程度を撮影すると電池がなくなってしまいます。

子供の写真を撮ると1回で数枚写真を取らないと良い表情が撮れないので400枚はあっという間にいってしまいます。

一応USBでも充電できるのですが、写真を撮りながら充電したりというのは結構億劫なので、互換バッテリーを2個購入して交互に運用しました。

この充電器自体がUSB充電できるので、バッテリー交換をしてかばんの中でモバイルバッテリーで充電するという便利な使い方も可能です。

WF1000XM3

WF1000XM3
スタバやドトールでブログを書いている時に自分の好きな曲を静かに聞きたいという私の思いを叶えてくれる夢のようなイヤホンです。

ノイズキャンセリングの技術はBoseかソニーかと言われるくらい、両者の技術が突出しておりそのソニーがリリースしたのがWF1000XM3です。

ノイズキャンセリングをオンにするとすーっと外音が消えていくのがわかるくらいノイズキャンセリングが効きます。
また、左右のイヤホンそれぞれに対し音声データを飛ばすので、安いイヤホンのように音が遅延することも無く快適に音楽を楽しむことができます。

10月

Macbook 12インチ

Huawei Matebookを数ヶ月前に購入したばかりなのですが、

  • 約1.3kgは重い
  • windowsで画像編集をするアプリがいまいち
  • メールソフトが使いにくい
という不満がありまたmacに戻すことにしました。

macbookの12インチにしたのは重さ約900gとすごく軽いということと簡単な写真の変種であればmacbookのCPUでも問題がないのが理由です。

Bluelounge 13-Inch Kickflip

Bluelounge 13-Inch Kickflip
Macbookは軽さを実現するためにすごく薄く作られています。

そのため、キーボードに傾斜がほとんど無く長時間文字を打っていると手が疲れます。

このBluelounge 13-Inch Kickflipを使って傾斜をつけることで、手の疲れを緩和することができます。

他の類似商品と違い、何度も張替えできるので自分のしっくりくる角度に調整可能なのも良い点でした。

11月

Western Digital HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Red NAS用

子供の写真をより安全にバックアップするための環境をつくるために、NASの導入をすることにしました。

どういった構成・商品をしようしたかはこちらの記事で図を使って説明しているので、是非ご覧ください。

RAVPower モバイルバッテリー 10000mAh PD対応 29W USB-A ポート

新しく購入したMacbookは30Wの出力があればフルパワーで充電可能です。

2019年12月現在のモバイルバッテリー(10000mAh程度)で実現できるのはRAVPower モバイルバッテリー 10000mAh PD対応だけです。

また、通常のUSBポートもついているので出力は落ちますが、MacbookとiPhoneを同時に充電することも可能です。

注意
Macbookで重い処理をしていると2ポート使用していると若干出力が足りないのか、ゆっくり残量が減ります。

α6600とSEL1655G

α6400SEL18105Gの組み合わせは本当に最高で写真も動画も撮りやすく不満はほとんどありませんでした。

秋も深まり、冬に近づくに連れて夕暮れが早くなってきたことで気がついたのですが、APS-C機とF4のレンズだと夕暮れ時にきれいに写真が撮れない(ISO感度があがってノイズが目立つ)ことに気がついてしまったのです。

そんなタイミングでソニーからSEL1655Gという1段階明るい(F2.8)レンズ(手ぶれ補正なし)が発売されたので飛びついてしまいました。

素晴らしいレンズなのですが手ぶれ補正がついていなく、ボディ手ぶれ補正のないα6400と一緒に運用すると、被写体(子供)に集中できないので手ぶれ補正のあるα6400の上位機種のα6600を導入することにしました。

Momo-rock

α6400SEL18105Gはメルカリで中古価格程度で売れたので良かったです。

PeakDesign Leash アッシュ

おしゃれなカメラ用品ブランドとしても有名なPeakDesighnのストラップです。

子供を抱っこするときには、カメラを斜めがけする必要があるのですが、標準で入っているストラップだと斜めがけにするとレンズが外に向いてしまいます。

このPeakDesign Leash斜めがけにした時にレンズが下に向くようにストラップをつけることができるのと長さの調整が簡単にできる点が優れています。

12月

Anker PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ

自宅でUSB-Cで充電する機種が増えてきたので、4年前から使用していたAnkerのUSBポートが5口ついている物から、USB4口+USB-C1口ついている物に変更しました。

GlocalMe G3

海外旅行に行った時に、現地simを購入したりする時間がもったいないのでクラウドsimというsimカード無しで事前購入するだけで海外でデータ通信できるこのGlocalMe G3を来年予定しているハワイ旅行前に購入することにしました。

また、GlocalMe G3simカードのスロットを2個持っているので、simカードを刺すことで通常のモバイルルーターとしても使用できます。

Momo-rock

私はモナwifiというソフトバンク回線の100GBで3,200円程度のsimカードを挿入して使用しています。

まとめ

物欲の赴くがままに購入した2019年でしたが、振り返ってみると「子供のため」の物が多くついでブログのためという内容でした。

多分今年これだけ購入したので、来年購入するべき物は殆どないと思います・・・

Momo-rock

最近Googleの検索ワードでsonyと打つと「sony フルサイズ」と出るのはきっと不具合だと思います。

以上「2019年にAmazonなどで購入してよかったものを振り返ってみる」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です