4種類もあるiPhone12の中でiPhone12miniを買うことにした理由とお得な購入方法

こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまった、「もと(@MomoRock2017)」です。

2020年のiPhone12は何と4種類・・・

さすがのAppleも顧客ニーズに合わせてラインナップを用意する必要があると感じたのでしょうか。

Momo-rock

種類が多いと悩むら2択にしてほしい・・・

私の使用しているiPhoneは2018年に発売されたXRです。

本記事では、iPhone XRという6.1サイズを使用しているにも関わらず同じサイズの12や12proを選ばなかった理由をご紹介します。

iPhone12miniの良い点
  • 角ばったデザインは懐かしくて好み
  • iPhoneSE2よりも小さいのに画面は大きい
  • 5.4インチ有機ELディスプレイ採用
  • A14 Bionic
  • デュアルカメラ(超広角・広角)
  • 5Gに対応(sub6のみでミリ波は未対応)

iPhone12の4機種とXRを比較

比較選択

iPhoneだけでなくガジェットを検討する時には必ずスペックなどを比較して、自分のほしい性能が何かを確認しています。

とはいえ、マニアックな点を比較しても使いこなせないだけなのでメジャーなところだけ比較しています。

Momo-rock

基本的には公式ページの情報ですが、一部リーク情報なので正確ではないかも知れません。
iPhoneXRiPhone12miniiPhone12iPhone12proiPhone12pro max
画面サイズ(インチ)6.15.46.16.16.7
サイズ
幅・高さ・厚さ(mm)
75.7×150.9×8.364.2×131.5×7.471.5×146.7×7.471.5×146.7×7.478.1×160.8×7.4
重さ(g)194133162187226
プロセッサA12BionicA14BionicA14BionicA14BionicA14Bionic
バッテリー(ビデオ再生時間)16時間15時間17時間17時間20時間
ナイトモードなしありありありあり
カメラ広角超広角・広角超広角・広角超広角・広角・望遠超広角・広角・望遠
iPhoneXRと12シリーズ比較

他にもAppleRAW撮影ができるとか、ナイトモードポートレートとかカメラ周りで大幅に進化しています。

ただ、ミラーレス一眼(α6600)で普段写真を撮影している私としてはあまり意味の無い(α6600を持っていない時位・・・)機能ですね。

iPhone12miniが良い点

当然完璧な端末は無いので、良い点と微妙な点があります。

それぞれ簡単に紹介していきます。

価格が安い

iPhone12シリーズは全て最新のプロセッサーであるA14Bionicを使用しています。

にも関わらず価格(税別)はこんなに違います。

iPhone12miniiPhone12iPhone12proiPhone12pro max
64GB74,80085,800なしなし
128GB79,80090,800106,800117,800
256GB90,800101,800117,800128,800
512GBなしなし139,800150,800
iPhone12価格比較

先程あげたカメラ周りのスペックと画面サイズが大きな違いですが、それを許容できるのであれば、256GBでも税込10万円を切るくらいminiのコスパは抜群に良いです。

角ばったデザイン(対XR)

今でも画面サイズを除けばiPhone4sが至高のフォルムだと信じてやまない私です。

これ以上語ることもないのですが、あえていうとXRと比較して薄く小さくなっているので、手が小さい私にとって持ちやすい点があると思います。

とにかく軽い

私の旅行時の荷物は、カメラと娘のおむつ・飲み物・お菓子・食べ物などを持っているので多分10kg前後あります。

それに加えて、娘を抱っこをすると軽く20kgを超えます。

正直iPhoneの重さの数十gは誤差なのですが、極力重さを削っていきたいものです・・・

iPhone12miniは133gと他の端末と比較して抜群に軽いです。

有機ELディスプレイ採用

液晶と有機ELディスプレイは大きな違いがあります。

有機ELの方が視野角が広く(斜めからも見やすい)、色(特に黒)の再現性が高い点です。

また、発光方式が異なるため明るい室外でも液晶画面よりは見やすいという点もメリットだと思います。

iPhone12miniを安く買う方法

AppleのiPhoneはまず値下げをせず、家電量販店のポイントやセール対象外になることが多く中々安く購入することができません。

ただ、コロナ禍の現在お得に購入する方法が2つあります。

Gotoトラベル地域クーポンを使用する

全ての都道府県の確認をしてはいませんが、一部の家電量販店ではGotoトラベルでもらえる紙クーポンを・電子クーポンの使用ができたりします。

ビックカメラヨドバシカメラヤマダ電機
電子××
家電量販店Gotoトラベル地域クーポン利用可能状況

旅行当日もしくは、翌日にしか使用できないという一般人にとってはかなりのネックとなるこの地域クーポンを利用する方法ですが、陸マイラーにとっては大した問題にはなりません。

事前予約してその日程に合わせて旅行を組むだけです。

旅費はマイルで手出しなし、旅行を楽しみiPhoneをお得に購入できるなんて素晴らしいですね。

プレミアム付き商品券を使用する

お住まいの行政によっては購入金額に対してプレミアムをつけた商品券を発行している場合があります。

プレミアム付き商品券

東京都三鷹市は居住者・在勤・在学者のみなのですが、東京都港区はなんと対象者は誰でもよいという大盤振る舞いでした。

すでに東京都港区は抽選申し込みが終了していますが、お住いの行政や家電量販店のある行政で同じようなプレミアム付き商品券が販売しているかも知れませんので探してみてください。

POINT
うまく見つかれば20%もお得にiPhone12を購入することができます
注意
事前に店舗にiPhone購入に使えるかどうかの確認をしてください

まとめ

基本的にミラーレスで写真を撮り、GoProで動画を撮る私にとってiPhone12Pro以上のカメラスペックは不要でした。

となると12と12miniの比較なのですが、現在使用しているXRが大きく重いため12miniが私にとってベストであると考えました。

お得な購入方法については、ポイントサイト経由と言いたいところですが、Apple製品はほとんどのルートを使うことができません。

紹介した今回の2つの購入方法はコロナ禍ならではのお得な購入方法だと思いますので、若干調べるのが面倒ですが、数万円変わると思って調べてみてはいかがでしょうか。

以上「4種類もあるiPhone12の中でiPhone12miniを買うことにした理由とお得な購入方法」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です